【モヤモヤ】「直接ママに説明しなくていいですか?」子供が入院した時、付き添う父親に対する病院の対応が・・・


もしお子さんが病気などになった場合、看病やお世話はお母さんがするものという風潮が根強い日本。

しかし最近では育児に積極的に参加するお父さんも増えており、その考えは見直さなければならない時が来ています。

そんなことを強く感じさせられる出来事がTwitterに投稿され話題を集めました。

その内容は「病院でされた対応にモヤモヤした」というエピソードだったのですが、その対応が意味するものを深く考えさせられるエピソードをご紹介します。

病院での出来事

ふっさん@いちおう育児アカ(@fussan097)さんが投稿したのは、ある病院での出来事。

幼い息子さんが入院してしまったため、奥さんと交代で付き添っていたという投稿者さん。

しかしそんな投稿者さんは、病院のスタッフのある対応にモヤモヤしたそうで・・・。

その対応がこちら。

お母さんありきで進められる会話に対し、違和感を感じざる得ません。

確かに現代でもお母さんが積極的にかかわらなければならない家庭も多いと思います。

ですが、これでは暗に「父親は何もできないでしょ?」と言われているような感覚にさえ陥ってしまいます。

この出来事について、更にこのように言及する投稿者さん。

これまでにもお母さん主体の家庭が多かったために、病院からの気遣いであった可能性もあります。

こうした現状について投稿者さんは嘆いており、世のお父さんに育児に対する考えを改めてほしいと述べていました。

このエピソードに対し、Twitterでは様々な意見が寄せられました。

世の中の意識を変えるには、まずは行動から変えて行かなければなりません。

投稿者さんのような考えを持ったご家庭が増えてくれることを願わずにはいられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*