【驚愕】連続殺人にタイムスリップ・・・映画が引き金となった凶悪な事故・事件10選

8144e23dd03552eff2014774521cb52b

映画が影響を及ぼした可能性のある事件
映画には恋愛・アクション・コメディなど様々なジャンルがあります。

ほとんどの人は映画の中の出来事は映画の中でだけのことであると分かっていますよね。

しかし、稀に映画での事を実践してしまう人も存在するのです。

一体どのような映画のどのような場面を真似してしまい、どんな結末を迎えたのか・・・。

今回はそんな映画に影響を受けた可能性のある事件を紹介します!



『ロンドン・アフター・ミッドナイト』



『ロンドン・アフター・ミッドナイト』1

1927年に公開された、トッド・ブラウニング監督のサイレント映画です。

インパクトのある異様なヴァンパイアと奇怪な目を持つゴス・ファッションの少女が登場するこの映画が公開された直後に事件は起きました。

ロンドンにあるハイド・パーク内で、大工をしていたロバート・ウィリアムスという男が主婦をカミソリで殺害したのです。

直後に自殺未遂をしたものの逮捕されたウィリアムスは裁判で『ロンドン・アフター・ミッドナイト』に出てくるヴァンパイアの影響を強く受けて殺人を犯したと証言しました。



『ロボコップ2』



『ロボコップ2』

1991年3月25日、ナサニエル・ホワイトという仮釈放中だった男がニューヨークのオレンジ郡で6人を次々と殺害するという事件が起きました。

1992年8月2日、事件から約1年半経ちようやくこの連続殺人犯が逮捕されました。

ホワイトは警察の取り調べで意外な告白をしたのです。


”『ロボコップ2』”は次のページで→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)