【驚愕】自分のお葬式に参列で発覚!?自らの「死を偽装」した人たちのおバカな末路10選

f6465ecce94787d21fd23054eabfed84

自分の死を偽装した人たち
人生には人間関係や金銭トラブルなど悩みはつきものです。

もし「死んでしまったら・・・」ある意味それらのトラブルから逃げ出せる究極の選択なのかも知れません。

実際に自分が死んでしまったということにして新たな人生を歩もうとした事例が存在します。

今回はそんな自分の死を偽装したものの、詰めが甘かったために計画が破綻した人たちを紹介します。



生命保険がおりなかった男性



生命保険がおりなかった男性

1992年にパン屋に勤めていたジェームズ・ラングは、収入が少なく家族が生活に困っていました。

悩んだ末にジェームズは家族を貧困から脱出させるために自分を死んだことにして保険金を手にしようと考えました。

自分の血を使い、車を湖に沈めて事故死を偽装し妻に2000万円の保険金が渡る予定でした。

その後路上生活をしていた彼は警察が事故について疑惑を持っていたため保険金が支払われていなかったことを知ります。

彼は事故を偽装する際に、自分の血を入れた袋を車の後部座席に置き忘れるというミスを犯していました。

ジェームズは記憶喪失を装い警察に出頭しましたが、嘘はバレてしまいました。

金銭の支払いが発生していなかったため罪には問われませんでしたが、また以前と同じ問題を抱えることになってしまいました。



自分のお葬式に出席した女性



教会

27歳のアリソン・マテラさんんは教会のコーラスグループに所属していました。

実はマテラさんはグループを抜けたかったのですが、言ってしまうと皆を傷付けると思い言い出せませんでした。

そこで彼女は自分が病気で死んでしまったことにしようと思いついたのです。


”自分のお葬式に出席した女性”は次のページで→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)