【悲痛】ディズニーランドの「開園ダッシュ」が生み出した悲劇。女性を襲った悲惨な動画に怒りの声


日本有数のテーマパークであり、世代を問わず高い人気を集めているディズニーリゾート。

細部にまでこだわり作り上げられた世界観と、それに劣らぬキャストさんの対応は、まさに私たちに夢を見させてくれる素敵な場所ですね。

ですがそんなディズニーリゾートでは今、残念なことにゲスト(利用客)によるトラブルが相次いでいます。

インスタ映え」という言葉が誕生してからというもの、写真マナーを守らないゲストが急増し飾りや置物が撤去されてしまうという悲しい出来事も発生しました。

これまでゲストの”ため”に変化を続けてきたディズニーリゾートは、今ではゲストの”せいで”その景観を変えつつあるのです。

そんな悲しい出来事をいくつかご紹介したいと思います。

写真撮影によるマナー違反

小さいお子さん向けのエリア「トゥーンタウン」に設置された木箱が撮影スポットとして若い女性を中心に人気を集めました。

小さい子供向けのエリアに多くの女子高生が集まり、撮影待ちのために長い行列まで作っていたのだとか。

そもそも木箱は音の出るしかけで楽しむものであり、「何が入ってるのかな?」と開けて楽しむものです。

本来利用するべきである子供が近寄ることができず、多くの母親世代から批判を集めたのですが、この騒動はこれだけにとどまりませんでした。

なんと、あろうことか木箱の上に乗って撮影する人たちまで出てきてしまったのです。

そのため「上らないで」という注意書きまでされましたが違反者は後を絶たず・・・。

ついには完全撤去されてしまうという悲しい結末を迎えました。

そしてこれと同じ例が、パーク内で続々と起きているというのですから驚きですよね。

そしてディズニーリゾートで最も問題視されているのが、「開園ダッシュ」と呼ばれるマナー違反です。

この行為は時として、ゲスト同士のトラブルにまで発展してしまうこともあります。

「開園ダッシュ」

開園ダッシュとは、開園時にお目当てのアトラクションへと走ることを言います。

開園前にすでに列を作っていた大多数のゲストが一斉に走り出すため、他のゲストに危険を及ぼすこともあるのです。

ディズニーでは開園ダッシュの取り締まりを強化してきましたが、それでも迷惑行為をする人は後を絶ちません。

そして今回、その危険性を訴える一人の女性の投稿に注目が集まりました。

それがこちら。

人によって踏みつぶされたヨーグルトが噴出し、撮影者さんは全身ヨーグルトだらけになってしまったのです。

それは隣を歩いていた女子高生も同じなようで・・・。

踏みつけた張本人はこちらを振り返ったものの、知らん顔して走り去っていってしまいました。

楽しい一日が始まったワクワクも、考えて選んだであろうオシャレな服も、全て台無しにされた女性。

しかしさすがはキャストさん、神対応により女性に楽しい時間を取り戻すことができて本当によかったです。

このあまりにも許しがたい行為に、ユーザーからは怒りとねぎらいのコメントが寄せられました。

ヨーグルトを踏みつけた男の子も、もしかしたら1日中モヤモヤして心から楽しめなかったかもしれません。

何事もそうですが、楽しむにはまずルールをしっかりと守ることが大切ではないでしょか?

自分が楽しければいいという考えは決して許されません。

どうかみんなが安全に楽しく過ごせる夢の国でありますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*