【賞賛】客室乗務員の機転で1人の少女が人身売買から救われた!その驚愕の出来事とは?

E3759580-AF3A-41EC-93D1-04E3C7DD431F

客室乗務員の冷静な判断力で少女が救われた!
メリカ・アラスカ航空で客室乗務員として働いているシリア・フェドリックさんは、ある日2人組の搭乗客に違和感を感じました。

そのフライトはシアトルからサンフランシスコへ行く便で、その2人組は身なりが整った男性とボロボロの服を着た14〜15歳の少女だったのです。

その少女の表情からは絶望感が感じられ、シリアさんは声をかけようとしましたが、その男性が話を遮るなどして会話をさせないようにしてきたのです。

その様子にシリアさんはある直感が働きました。

そして彼女は一緒にいる男性に気付かれないように、少女にトイレへ行くように勧めました。

FA7C0BBA-2797-413B-A3F9-328D1101D679

そしてシリアさんはトイレの鏡に「助けを必要としていますか?」と尋ねたメモを貼っておきました。

そして少女がトイレから出たのを見計らってトイレに戻ると、そのメモには「助けてください」という言葉が書かれていたのです。

それを見たシリアさんはすぐに機長に伝え、空港に警察を呼びました。

その結果、空港に着いた時に待機していた警察官によって男は逮捕され、少女は無事に保護されました。

実はアメリカの移民税関捜査局によると、2016年で人身売買で逮捕された人は国内で2,000人を超えていました。

その状況を鑑みたアメリカの元客室乗務員が創立した「Airline Ambassadors」という団体が、客室乗務員達に対して人身売買を見抜く訓練を定期的に開催しており、シリアさんもその訓練を受けていたのです。

3C38343C-24D2-4AE7-84EA-0445E9313BB8

シリアさんは保護された少女に自分の連絡先を教え、大学生となった少女と今でもやり取りをしているのだそうです。

シリアさんの経験と直感のおかげで、今回無事に少女を助けることができました。

まだまだ人身売買の問題は尽きないことが予想されるので、空港のこういった対策がこれからも必要になっていきそうです。

「【エンタメ】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)