【切ない】ガンに侵され余命わずかな愛犬と・・・。最期の思い出にと撮影された写真たちに胸を締め付けられる


ペットであり、最愛の家族でもある愛犬。

いつどんな時も飼い主の生活に寄り添い、心を通わせてきた大切な存在です。

しかしどんな命にも必ず終わりがやってきます。

いざ別れを迎えようとしたとき、私たちは何ができるのか・・・。

今回ご紹介するのはガンに侵され余命わずかな愛犬と、一人の女性のお話です。

ガンにより余命宣告を受けた犬

アメリカ・カリフォルニア州で写真家として活動するアンドレア・ドミヤンさん。

ある日妹から連絡を受けたアンドレアさんは、「大切な写真」の撮影依頼を受けました。

妹の飼っている愛犬「アルフ」にガンが見つかり、この先が長くないことを知らされた妹さん。

そこで最期の思い出を残すために、姉であるアンドレアさんに撮影を依頼したのでした。

いくら悲しんだところで、無情にも時間は過ぎていきます。

だったらせめて、残された時間で思い出を作ることを心に決めたのでしょう。

今ある大切な時間を収めた、切なくも美し写真の数々をご覧ください。

大切な絆

これまで過ごした絆の時間を思わせる、アルフの穏やかな表情。

この日撮影されたのは、儚く切ないながらも、どれも温かく、美しい写真たちでした。

そしてこの写真たちを撮影した数瞬間後、アルフは静かに虹の橋を渡りました。

これまでの信頼関係や築き上げてきた絆がすべて凝縮されたこの写真たちは、アルフが亡き今も多くの人の心を魅了しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*