【災難】動物病院に運び込まれた「大きな泥の塊」。この中に閉じ込められてしまったある動物の不運な出来事・・・。


イングランド・チチェスターにあるブレントロッジ動物病院に「あるもの」が運び込まれました。

一見すると「泥の塊」にしか見えない物体。

いったいなぜ動物病院にこのようなものが運び込まれたのでしょうか・・・。

優しく泥を落としていくと、中からある動物が顔を出したのです。

その中身は果たして・・・?

大きな泥の塊

病院のスタッフは、固まってしまった泥を丁寧にはがしていきました。

すると、泥の中から小さな手足が・・・!

そう、泥の中から出てきたのは、小さなハリネズミだったのです。

実はこのハリネズミ、とんでもない災難に巻き込まれてしまっていたのでした。

この日道を歩いていたハリネズミは、前方から子犬が歩いてくることに気が付きました。

そこでハリネズミは子犬を警戒し、身体を丸めるとともに体毛である棘を逆立て身を守ります。

しかしここでひとつ問題が発生してしまいます。

なんと、その子犬が何を思ったのか、ハリネズミを転がして遊び始めてしまったのです。

転がされ続けたハリネズミは子犬が去る頃には全身泥だらけになってしまい、元の状態に戻ることができなくなってしまったのでした。

綺麗に洗浄され、野生に

動物病院できれいにしてもらったハリネズミは、子犬に襲われた恐怖からか身体を丸めています。

そして健康面も気がかりということで、しばらくの間病院にて安静に療養しています。

元気を取り戻したらもう1度野生へ帰され、自分の家へ戻ることができるでしょう。

とても災難な出来事に遭遇してしまったハリネズミでしたが、人間に発見してもらえたことは不幸中の幸いだったのかもしれません。

早く元気を取り戻してほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*