【驚愕】「この写真をきっかけにしてほしい」急性アルコール中毒で昏睡状態だった女性が自らの様子をSNSに投稿!改めてお酒の怖さを実感させられる

77C69D44-CCCD-4D9B-8F39-FC0FD5746919

お酒の怖さを改めて実感した女性がとった行動とは?


アメリカのネバダ州に住んでいるHanna Lottritzさんは、ブログで「責任のある飲み方」として、ある写真を投稿しました。

その写真は彼女が昏睡状態に陥っている写真となっており、そこから飲酒に関する危険性を改めて伝えたいということで、医師にお願いして撮影してもらい、意を決して投稿したものでした。

お酒は周りに流されてついつい飲みすぎてしまいがちですが、その空気は危険だということを改めて実感させられる写真でした。

その写真がこちら!

6C63CAB8-99E2-447C-80F9-262F52F4B5AE

たくさんの医療器具に繋げられたHannaさんの姿がそこには写されていました。

彼女はある日、地元で開催されたミュージックフェアに参加し、その後友達とご飯を食べに行きました。

テンションが上がっていたHannaさんは、食後にすぐに2杯のビールを飲み干します。

さらにその後、友達と「誰が一番早くウイスキーを一気飲みできるか」と競うことになり、Hannaさんもそれに参加しました。

一気飲みした後に、またウィスキーを一杯飲んだ後も平気そうだったのですが、その5分後にHannaさんは突然倒れて呼吸が止まってしまったのです。

FD934B76-FA4C-4951-A61A-4D2026F18EF7

彼女は救急搬送され、診断の結果「急性アルコール中毒」と診断されました。

当初何の反応もなかったことから、医師が脳死を疑ったそうですが、素早い処置のおかげで一命を取り留めることができました。

診断した医師によると、一歩でも間違れば亡くなっていたかもしれないとのことでした。

彼女は今回の一件で改めてお酒の怖さを実感し、アルコール中毒の危険性をもっと周知させようと思い、彼女は写真をブログに載せたのだそうです。

日本でも大学生が飲み会の時に急性アルコール中毒で倒れて亡くなってしまったというニュースをよく耳にします。

その場のノリでお酒を飲みすぎることがどれだけ危険なことかというのが改めて実感させられました。

お酒を無理に飲むことはせず、周りもお酒を強要することのないように心がけていきましょう。
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事