【驚愕】海外モデルがInstagramに愛犬との写真を投稿。ゴールデンレトリバーの変わり果てた姿に非難殺到

中東レバノンから届いた目を疑うような光景。

モデル兼歌手として活躍しているミリアム・クリンクがinstagramに投稿した写真が物議を醸しています。

その写真には、真っピンクに染め上げられた1匹のゴールデンレトリバーが写っていました。

この写真に対し、ユーザーから「動物虐待ではないか」といったコメントが殺到しているのです。

染め上げられた犬

こちらが彼女のInstagramに投稿された実際の写真です。

ピンク系のファッションで身を包んだミリアムさんと共に写っているのは、身体中を真っピンクに染め上げられたゴールデンレトリバー。

自身のファッションに合わせて、まるで犬までもがアクセサリーのように扱われていることに疑問を感じ得ません。

この写真は瞬く間にSNSで拡散され世界中から非難が殺到、ミリアムさんのInstagramアカウントは炎上してしまいます。

ユーザーからの批判のコメントに対し、ミリアムさんは信じがたいコメントを出したのです。

動物の染色は危険

動物の体毛を染色する行為は、皮膚のかぶれやアレルギー反応などのリスクも考えられます。

海外では染料を使用した猫が実際に死亡する痛ましい事例もあり、大変危険な行為なのです。

そのことに言及したユーザーに対し、ミリアムさんはとても信じがたいコメントを発信しました。

「アンモニアフリーのカラーだから危害はない。犬も喜んでいる。」

その後さすがにまずいと思ったのかこのコメントは削除され、当該画像は現在非公開となりました。

しかしInstagramだけではなくTwitterを始めとするSNSでも「やめさせろ!」「動物虐待だ!」などと彼女の行為を非難するコメントが相次いでいるのです。

動物を”命”とも考えないような行為に、誰もが自分の目を疑い心を痛めました。

そして彼女のFacebook公式アカウントの紹介文には、動物に関してこのような文章が掲載されていました。

ミリアムさんの紹介文には・・・


「She adores animals and try to help them as much as she can!She wants to protect nature and animals in any way she can !」
(動物が好き。動物たちをできる限り支援します。自然と動物を保護したい)

ゴールデンレトリバーをピンクに染めるということが、動物の好きな人のとる行為なのか甚だ疑問です。

動物は言葉で私たちに語り掛けることはできません。

しかし私たち人間が動物の心に寄り添っていれば、おのずと気持ちも伝わるものだと思います。

動物が生きていくうえで、体毛を染める必要がどこにあるのでしょうか?

染色は人間のエゴでしかないという事を、そして動物はファッションでないことを改めて自覚してほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*