【奇跡】600Kmもの距離を走り飼い主の元に戻った愛犬。離れても切れなかった飼い主と愛犬の絆に涙


シリア・ラオディキアからイタリアに移住した65歳の男性、イブラハム・フワルさん。

海に近いカッラーラという地で暮らしている彼は、社会のために良いことをしようと思いから保護犬を引き取ることに決めます。

市内の保護シェルターで生後数か月のジャーマンシェパードに出会った彼は、この子犬をロッキーと名付け、家族として迎え入れました。

それからというもの、イブラハムさんはロッキーを息子のように可愛がり、どこに行くにも常に一緒。

新しい環境に慣れたロッキーもたくさんの愛情を受け、すくすくと成長していきました。

しかしそんなある日、イブラハムさんとロッキーの間を引き裂くとても悲しい出来事が起きてしまったのです。

ロッキーの行方不明

ある日イブラハムさんがロッキーをビーチへ連れて行ったときの事です。

この日はとても暑く、ロッキーを砂浜に座らせ一人海に入ったイブラハムさんは、海から上がった時にロッキーの姿が見えないことに気が付きます。

大きな声で呼びながら辺りを探すも見つからず、街中のシェルターも訪れましたがロッキーの行方を知る人は誰もいませんでした。

落胆してビーチに戻ったイブラハムさんは、その場にいた人からジプシーの人が似た犬を連れていたと聞かされます。

ロッキーは迷子になったのではなく、何者かによって攫われてしまっていたのです。

すぐさま警察へと被害届を出すものの、その後も有力な情報が入ってくることはありませんでした。

一方でロッキーは・・・・

ビーチで離ればなれになってしまってから3年後。

ロッキーはジプシーの元から離れ、サレルノという街で新しい家族と暮らしていました。

新しい名前を与えられ大事にされていたロッキーでしたが、落ち着きがなく、たびたび家を抜け出してしまうことがあったのだそう。

そのためロッキーの飼い主は、いつでも見つけた人が連絡をできるように、愛犬の首輪に電話番号を書くことにしました。

そんな矢先、再び姿を消してしまったロッキー。

なんと、ロッキーは何度も家を飛び出してはイブラハムさんの元を目指して走り始めていたのです。

本能に導かれるがままに走り続けるロッキーでしたが、イブラハムさんがどれほど離れた場所にいるのか、ロッキーには知る由もありません。

カッラーラは北イタリアの街で、南イタリアに位置するサレルノからは700キロも離れています。

しかし、信じられないことに、今回の家出でロッキーは南イタリアから北イタリアまで600kmの距離を走り抜いたのです。

ピサに到着したとき、ロッキーの足はすでにボロボロに擦り切れていました。カッラーラまであと100キロのところでロッキーは先に進めなくなってしまいました。

ロッキーは今

ロッキーを保護した人は、まず首輪に書かれている電話番号へと連絡を入れます。

そして知らされたロッキーの移動距離に驚くと共に、ロッキーの足に子犬のころに付けた認識用のIDがあることに気が付いたのです。

これにより無事イブラハムさんと再会を果たしたロッキー。

3年ぶりにロッキーとの再会を果たしたイブラハムさんは、再開の瞬間をこう話します。

「信じられなかった。

ロッキーが戻ってきたとき、彼は僕の声を聞いただけで喜んでいたよ」

ひたすらに飼い主を思い続けたロッキーの気持ちが叶ってよかったですね。

これまで離れていた分、たくさんの愛情を一身に受け幸せな生活を送っていることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*