【驚愕】どこからか飛んできたタバコの灰が子どもの目に…。ちょっとくらいなら大丈夫という考えが最悪の事態を引き起こす!

E201A8BE-21CA-4B27-8752-90E9F1BF5E80

誰かが捨てたタバコの灰がまさかの事態を引き起こした…


近年ますます喫煙者にとっては肩身が狭く厳しい状況が続いています。

その原因としては、健康被害の問題をはじめ。一部の人間のマナー違反などによって世間の見る目が厳しくなっていることが挙げられます。

実際に道を歩いていると、道路にタバコの吸殻が落ちているなんていう光景はよく目にしますよね。

「自分はマナーを守ってるのに…」と思う喫煙者の方もいますが、今回Twitterユーザーの新泉©EO(@araizumiC)さんが、タバコについて注意喚起を出しました。

それは自分の姪っ子さんがタバコによって恐ろしい体験をしたというものでした。それがこちら!



なんと風で舞ってきたタバコの灰が姪っ子さんの目の中に入ってしまい、それが眼球き引っ付いて剝がれなくなってしまったのです。

そして「誰かが車からタバコの灰を捨てた時は近くにいなくても、それが更に小さくなって風で舞ってくるため。無差別にこの状態に陥ることがある…今回のことは誰にでも起こり得る話だ」と語っていました。

タバコの灰なら大丈夫だろうと、ついつい道路に灰を落とす方がいるかもしれませんが、それが今回のような問題を引き起こします。

幸いにも姪っ子さんの目は大事には至りませんでしたが、最悪の場合は失明していた可能性があると思うと本当に怖かったことでしょう。

改めて喫煙時のマナーについて、皆で考えていかなくてはいけないのかもしれませんね。

「【モヤモヤ】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)