【怒り】「いや、あなたに譲ったんじゃありませんから」救急車のサイレンが鳴ったので道を譲ったら信じられない出来事に遭遇した…


救急車のサイレンが聞こえたので道を譲ろうとしたら信じられない出来事が起こった!


車を運転する時には交通ルールを守ることが大前提です。

全ドライバーが交通ルールを意識すれば、安全に且つ快適な運転をすることができます。

しかしある日、Twitterユーザーのゆう(@yuichi306jp)さんが車載カメラに映った映像を投稿し、物議を醸しました。

それは後ろから救急車のサイレンが聞こえたのて、端っこに車を寄せて徐行をしていた時の出来事でした。

本来救急車が来たら、このように端っこに車を寄せて救急車が通れるようにするのが交通ルールなのですが、そこに映っていた映像は信じられないものでした。それがこちら!



なんと、後続車が救急車が来ているのを無視して先に追い越していったのです。

しかもそれは救急車に接触しそうなほどにまで近づいており、非常に危険なものでした。

しかもここはオレンジの線が引いてあるため、追い越し禁止であるというのは免許を持っている人なら誰でも知ってるものです。

救急車などの緊急車両などは例外として認められますが、一般車がオレンジの線をまたいで追い越しをするのは交通違反です。

さらにゆうさんは…



最近では高齢者の方による事故が多く報道されているため、ついつい言葉も強くなってしまったようです。

もちろん高齢者に限らず、若者でも無理な運転をして事故を起こす人はたくさんいるため、高齢者だけに限った話ではありません。

改めて交通ルールを見直すことが大切だと思わされる出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)