【称賛】「育休を4ヶ月取得して感じたこと」とあるパパが綴った育児の”本音”に称賛の声


法律に基づいて取得することができる「育児休業」。

現在は父親の取得率が上がっていますが、日本ではまだ「母親が取得するもの」という意識が根強く残っています。

しかし家事をこなしながら、一人で育児に専念する母親の日々は想像を絶するものです。

母体は出産により想像以上のダメージを負っており、母親は回復する間もなく24時間赤ちゃんのお世話をしなければなりません。

そこで近年増加している父親の育児休業を実際に取得したという父親のツイートが話題を集めています。

育休を4ヶ月取得して感じたこと

今回ご紹介するのは、コピーライターであり育児中のパパでもある梅田悟司(@3104_umeda)さんのこんな投稿。

産まれたばかりの我が子のために4ヶ月間の育休を取得した梅田さんは、これまで気づかなかった様々なことに気が付いたといいます。

実際に育休を取得した梅田さんの実体験を元に綴った感想がこちら。

「名もなき家事多すぎ」「24時間、緊張状態が続く」など、実際に体験していないと分かり得ないことを感じたという梅田さん。

仕事の方が楽というのは比べるベクトルが別のものですので一概には言えませんが、世の母親たちが体感している言葉にはできない大変さを実感したのだそう。

その上で、世の父親たちへこんなメッセージを贈っています。

同じような立場に身を置くことにより妻や子育てへの理解が深まったという梅田さんは、これから父親になるであろう男性に1ヶ月でも育休を取得することをオススメしています。

この投稿には、ユーザーから称賛と共感のコメントが多く寄せられています。

育休から復帰した梅田さんは、出社前に細かい家事をこなすなど、育休での経験を活かしているのだそう。

子育て中のお母さんにとって、こうした細かい気遣いは身体だけでなく心も助けられますよね。

梅田さんは育休について、「当然のように育休を取ろう、そして取れる世の中になれば・・・」と心中を語っていました。

育休に対する意識が変われば、当然理解も深まっていきます。

性別問わず、より多くの人が育休を取得できる環境作りが求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*