【悲痛】悪質なパピーミルから保護された犬。過酷な環境を経て、立ったまま眠る姿に涙が止まらない


営利目的で動物たちを大量に繁殖させる悪質ブリーダー、通称「パピーミル」。

血統を残すために繁殖させるシリアスブリーダーとは違い、狭い檻の中で延々と繁殖だけ繰り返させる非道な行為が大きな問題となっています。

パピーミルから動物を救うため、現在多くの保護団体がパピーミルを実際に訪れ犬たちを保護しています。

そして助け出された犬たちに愛情を与え、新しい家族の元へと送り出す手助けをしているのです。

今回ご紹介するのは、そんなパピーミルから助け出された経歴を持つ一匹の犬の映像です。

劣悪な環境を過ごした犬のリアルな姿に、多くの人がショックを受けました。

パピーミルから救出された犬

アメリカ・ジョージア州のパピーミルから救助され、メリッサさんというフォスターファミリーの元へ引き取られたプードルの「ジョーダン」。

まだ慣れない家にやってきたジョーダンは非常に警戒心が強く、極度に人を恐れていたといいます。

そこで彼が新しい家に慣れるまでそっとしておいた方がいいと判断したメリッサさんは、少し離れたところからジョーダンの様子をうかがうことにしました。

そしてジョーダンがメリッサさんの家で迎える初めての夜。

ジョーダンの様子を見ていたメリッサさんはとてもショッキングな光景を目の当たりにしたのです。

その光景を撮影したメリッサさんは、この事実を多くの人に知ってもらうためにFacebookに投稿しました。

過酷な環境がもたらした現実

そこには、犬用ベッドに頭だけを置き立ったまま眠るジョーダンの姿が・・・。

彼は今まで身動きも取れないほどの狭いケージの中で、横になることも許されず生活してきました。

そんな過酷な環境で育ったジョーダンは、「横になって眠る」ということすら知らなかったのです。

さらにメリッサさんの友人宅で引き取られたジョーダンの2匹の兄弟犬は、お互いの身体に排尿していたそう。

パピーミルでは、犬たちは身動きすら取れず、お互いの身体に尿や便をかけ立ったまま眠る事しか許されないのです。

愛情はおろか、”普通の生活”すら知らないジョーダンに安心してもらうため、メリッサさんは彼との距離を徐々に父めていきました。

ジョーダンのその後

すると次第に心を開き始めたというジョーダン。

そして1週間後、メリッサさんのベッドの上で気持ちよさそうに横になっているジョーダンの姿が投稿されました。

ジョーダンが発見されたパピーミルには700匹もの犬がいたといい、運営していたブリーダーはのちに逮捕されました。

横になって眠る事、おもちゃや友達と遊ぶこと、外の世界に出かける事、そして撫でられ抱きしめられること。

ペットとして飼われている犬が普通にしていることが、ショーダンにとっては初めての体験でした。

このような非道な行為を繰り返す悪質なパピーミルは後を絶たず、劣悪な環境下で生きる犬たちはまだまだ多くいます。

私たち人間はこの事実から目を背けず、彼らのために今できることを考えてなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*