【賞賛】「これはマズい…」2人の娘の言葉を聞いた父親が改めて考え直したことに共感の声が相次いだ!


2人の娘が放った言葉を聞いた父親が改めて感じたこと


子どもは、大人よりも知識の吸収が早いといわれており、TVや大人の会話を見たり聞いたりするだけで言葉を学んでいきます。

そしてそこで覚えた言葉を使って日常生活を過ごすようになっていきます。

この言葉の吸収率はすごいなと思いますが、同時に親が意図しない言葉を覚えてしまうことがあります。

今回その事を身をもって体験したのが、Twitterユーザーの梓弓‏(@Ma_R8)さんでした。

梓弓さんは7歳と5歳の娘さんがいますが、彼女たちがある日「ずるい!」いう言葉を発したそうで、それを聞いた梓弓さんは「非常にまずい」と感じたのだそうです。



ある人が良い状況になった時、それはその人の努力や頑張りが実を結んだことでの結果です。

なので本来は賞賛するべきことなのに、それを「ずるい」と言うのは違うということでした。

改めて梓弓さんは娘さん達に言葉の意味を教え、同時に人を素直に褒めることを教えたのだそうです。

このツイートを見た人達からは…

「全くその通り!ズルしてないのに【ずるい】というのは違うんですよね」

「私も子どもの頃【ずるいではなく羨ましいと言いなさい】って教えられたな…今でも親に感謝してます!」

「大人になっても相手のことを批判ばかりする人いるなぁ…こんな大人にはなりたくないですよね」


と賞賛や共感の声が寄せられました。

相手の成功を素直に褒めることの大切さを改めて実感させられるお話でしたね!

「【体験談】」カテゴリの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)