【考えさせられる】「女の子ならお友達とトイレに行きなさい、赤マントに攫われるよ」この都市伝説に込められた意味に深く考えさせられる


1人でトイレに行くと赤マントに攫われる?この都市伝説の意味とは…


よく学校などで女の子同士が一緒にトイレに行くという光景を目にした事がある方も多いと思います。

一体どうしてなんだろう?と男女ともに疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。

その理由についてtwitterユーザーのぬえ(@yosinotennin)さんが投稿すると、納得の声が寄せられました。

実はぬえさんは昔、お祖母様からこのような教えをうけたのだそうです。







その理由は「変質者対策」のためだというのです。

昔は今とは違ってセキュリティが低く、誰でも簡単に学校に侵入できるような状態でした。

なので、女の子が1人でトイレに行くと犯罪に巻き込まれてしまう可能性も大いにあったのです。

それを子どもにもわかるように、「赤マント」という都市伝説を使って教えており、その教えが今でも残っているのではないかということでした。

もちろんこれは考察の一部で、全てがこの理由に当てはまるというわけではありませんが、「なるほど」と思える理由ですね。

子ども達を犯罪から守るために赤マントの都市伝説を使うというのは、良い教えだったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)