【拡散希望】119番通報をしたら真っ先に伝えるのは症状ではなく「住所」。この豆知識に納得の声が寄せられる!


救急車を呼ぶ時はとにかく住所は必ず伝える!


もし119番通報で救急車を呼ぶことになった時、パニックになってしまって症状を延々と話してしまう…なんていうことはありませんか?

一刻を争う事態だと、気が動転してしまうのは仕方ないことですが、その中でもとにかく真っ先に伝えるべき内容は「住所」なのです。

先に場所を特定することで救急車もすぐにそちらへ向かうことができるという内容がTwitterに投稿され話題になりました。



ちなみに、実際に東京消防庁の公式サイトに掲載されている119番に電話した時のガイドラインを見てみると…



と、やはり住所を先に聞くようになっています。

パニックになると、どうしても今起こっている状況を伝えてしまいがちですが、それよりも先に伝えるべきなのは住所であるというのは是非知っておいてほしい内容ですね。

それに、先に住所を伝えておくことで少し冷静になり、より正確で詳しい状況が聞けるというのもメリットの1つとなっています。

もし何かしらの機会に救急車を呼ぶことになったらまずは住所を伝えるというのを、ぜひ頭の片隅に入れておくと良いでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)