【感動】警察が駆け付けた場所には自分の名前も住所もわからないおばあちゃんが・・・認知症の母が娘を想う気持ちに奇跡を起こす


娘が子を産んだというおばあさんの言葉の真相とは?


ある日、韓国の釜山にある西区(ソグ)の派出所に「包を持ったおばあさんが1時間以上同じ場所をウロウロしている」という通報が入りました。

その通報を聞いたパク巡査は現場へ駆けつけると、大きな風呂敷を2つ持っているおばあさんがいたので、その方に名前や住所などを聞いてみることにしました。



しかし女性は「娘が赤ちゃんを出産して病院にいる」ということを言い続けるだけで、名前や住所などは不明のままでした。

そしてパク巡査はこのやり取りから「おばあさんは認知症なのではないか?」と気付き、ひとまず派出所へ連れていくことにしました。

そしておばあさんが抱えている包が重そうだったので、降ろしたらどうだ?と伝えるも、それは嫌だと拒絶しました。

頑なに降ろそうとしなかったため、特に包には触れずにパク巡査は調査を進め、何とかこのおばあさんの名前や住所、そして娘さんが入院している病院の場所を突き止めました。



パク巡査は同僚と一緒におばあさんを病院へ送り、娘さんと無事に再会することができました。

それに安心したおばあさんは包を解き始めたのですが、その包に入っていたものに一同は胸を打たれました。

なんとその包に入っていたのは、わかめスープと野菜のおかずとご飯とお布団でした。

実は韓国では出産したお母さんにわかめスープを食べさせる習慣があり、このおばあさんもまた娘のためにわかめスープを届けに行きたかったのです。

自分の名前や住所などが言えないくらい認知症が進んでいるのに、出産を終えた娘さんにわかめスープを食べさせようとする母親の姿にパク巡査は感動したのだそうです。



そして母親は娘に「ほら、早く食べなさい」と声をかけ、娘さんは泣きながらわかめスープを食べたのだそうです。

母親から娘への愛情の深さが伝わる心温まるエピソードでしたね。

認知症があっても娘を思う母親の気持ちはずっと持ち続けているのでしょう!
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事