【感動】イギリスの軍楽祭に日本の自衛隊が初参加…その時の演奏の様子に思わず圧巻されて感動する!

35948_01

イギリスの軍楽祭に日本の自衛隊が初参加した時の様子に思わず感動…


イギリス・スコットランドで1950年から行われている「ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」という軍楽祭は、毎年22万人以上が集まる大規模のものです。

そして2017年8月…この年は日本の陸上自衛隊中央音楽隊が、この軍楽祭に初参加しました。

その時の圧巻の演奏がこちらです。



日本を感じさせる和太鼓や色鮮やかで美しい着物を着た女性の歌声、そして甲冑姿の侍が殺陣を行ったりと日本の伝統文化がたっぷり盛り込まれています。

そしてエディンバラ城には日本の富士山が美しく映し出され、壮大な演奏になっていきました。

どのシーンも見応えがあり、心に響くものがありますよね。

フィナーレで歌っている女性は松永士長さんで、彼女の透き通った美しい歌声が会場全体を包み込みました。

これだけの大舞台で堂々と歌う姿に、思わず感動してしまいます。

この軍楽祭は世界中の軍楽隊が参加しており、様々な国と交流していきながら信頼関係を築き上げるという目的があります。

この軍楽祭を通して、国同士が親密関係となりそこから平和になっていくことを改めて願いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)