【ほっこり】80歳で初めてディズニーランドへ行ったおばあちゃん!人生は何歳からでも楽しめることを改めて知った


80歳でディズニーランドにハマったおばあちゃんの行動


仕事が忙しい人の中には「老後になったらやりたいことをたくさんやろう」と考えている方も多いと思います。

しかしいざ老後になると、時間はあれど体力や気力がなくて遊ぶのも一苦労になっていた…なんていう話もよく耳にします。

そんな老後について、TwitterユーザーのSOWさんは、おばあさんについてツイートをしました。

実はSOWさんのおばあさんは戦争が始まった年と同時期に生まれ、遊びたい盛りの時は戦後でバタバタしており、とても遊べるような状況ではありませんでした。

そんなおばあさんは「贅沢は良くない」というのをモットーに生きてきましたが、その中でおばあさんは「くまのプーさん」を唯一の楽しみにしていたのだそうです。



そんなおばあさんをSOWさんはディズニーランドに行こうと誘いました。

最初は抵抗していたそうですがいざ連れて行くと、おばあさんは初めての光景に目をキラキラと輝かせたのだそうです。









年齢を重ねても子供心を忘れないというのは本当に素晴らしいことだと思います。

そしておばあさんはくまのプーさんをきっかけに、英語をみっちり勉強してイギリスへ行き、プーさんの舞台となった場所まで行ってきたのだそうです!

人間何歳になっても何かを楽しむことはとても大切だというのを改めて実感させられる素敵なお話ですね。

皆さんも老後はどんな生活を送ろうか改めて考えてみると良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)