【衝撃】「靴を脱いで乗車してください」夜行バスに乗ろうとした時に運転手からの指示。その理由は車内に乗って判明した!

E60253FC-3A07-4123-8EB1-F389C82DD7E7

靴を脱いで夜行バスに乗る理由とは?


深夜に出発して朝早く目的地に到着することができる深夜バスは、非常に格安なものとなっています。

しかし実際はただ乗って寝るしかやる事がないうえに、椅子の寝心地が悪かったり、隣からはイビキが聞こえてくる…なんていう状況に遭遇することも多くあります。

トイレも車内に設置されていますが、トイレへ向かうまでも「起こさないように」と気をつけなくてはなりません。

正直朝になったら体が痛くなってしまう…なんていう経験をした事がある方も多いでしょう。

そんな夜行バスですが、ある日Twitterユーザーのぐろっち。(@D_no_syoku_taku) さんが乗車した夜行バスが凄すぎると話題になりました。それがこちら!







なんと通路は絨毯張りになっていて、座席も個室になっていたのです。

スリッパも用意されており、座席の頭の部分は枕のようになっていて、さらに窓際には空調調整やリクライニングの調整も自由自在!

まるでミニホテルのような夜行バスは「ドリームスリーパー」と呼ばれています。

現在は「大阪〜東京」「広島・福山〜東京」の間を運行しているのだそうです。

ただ値段は新幹線よりも高めなのですが、ネット上では「新幹線よりも快適なのでは?」という意見が多く見られました。

これなら快適に眠る事ができそうですね!もし機会があったら利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)