【共感】「エスカレーターの片側を空けるのはマナー?」障がいがある人のツイートに深く考えさせられる

2D4195D8-030D-4F50-986D-8AF7115F632B

エスカレーターの片側を空けるのはマナーではない


駅や商業施設などに設置されているエスカレーター。

このエスカレーターには様々なルールやマナーがありますが、その中で一体誰が決めたのかわからないようなマナーもあります。

それが「エスカレーターの片側を空けて急いでいる人が通れるようにする」というもの。

このマナーについてある人物がTwitterにあるお願いを投稿しました。



障害がある方、また介助犬と並行して乗らなくてはならない方の場合、片側を空けるということはできません。

しかし、そもそもエスカレーターというのは階段の上り下りが辛い人が利用するもので、歩くというのがマナー違反なのです。

この投稿について強く共感する声も多く寄せられていました。



よく「関東は左で関西は右」なんていうマナーを耳にしますが、実際にそんなマナーはありません。

ただ急いでいる人がエスカレーターを歩いて良いという都合の良い解釈をしていったためにこういった風潮が強く出てしまっているのです。他にも…

「そもそもエスカレーターは歩くように設計されてないんだけど…」

「もうエスカレーターの片側を空けるっていう習慣はやめるべきだわ」

「私も子どもと手をつないで乗る時、無意識に上下になっているけど、別にそうする必要ないんだよね…できれば横に並んで乗りたい」


と様々な声が寄せられていました。

「エスカレーターは歩いてはいけない」というのがまだ浸透していないのかもしれません…。

多くの人がエスカレーターは歩かないというのを徹底すれば、このような問題も起きないのではないかと改めて思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)