【賛否両論】「ここに入って思う存分泣くがいい」泣きたいときの為のクローゼットルームが設置された大学図書館!!

bd577caf

クローゼットに一人きりで籠ってメソメソから号泣まで
人生、山あり谷あり・・笑って過ごせるときもあれば無性に泣きたいときだってあるものです。

だからといって辺り構わず泣くわけにもいかず、それは年齢を重ねるにつれますますそうなっていくものです。

アメリカ・ユタ州にあるユタ大学の図書館に「クライ・クローゼット(Cry Closet )」というクローゼットが期間限定で設置されていたということです。

中に籠って泣いたり物思いにふけったりと一人だけの時間を過ごすためのもののようです。

4月22日から5月2日まで設置された「クライ・クローゼット」は、ユタ大学の学生であるネモ・ミラーさんの作品。

期末試験中のストレスを解放したい学生のための安全な場所になればと、ユタ大学のすべての学生に向けて制作されました。

利用する際は、入る前にノックをすること、入れるのは1回につき1人、利用時間は10分まで、退出時にライトとタイマーを消すことといったルールがあったようです。

0cb0b95b

内部はやわらかい布で覆われており、ほのかに明るいライトとタイマー、ぬいぐるみ、おもちゃなどが備え付けられていました。

5f55be33

ユタ大学の学生からは、「まあ面白いかな」や「これはいいアイデア」のほか「薄気味悪い」などの声もあがっていたみたいです。

みなさんは、どう思いますか??

みんなの涙や悲しみや懺悔がクローゼットの中で渦巻いて怨念となってダークな空間が生まれそうな気もするから、シェアするより一人一台欲しいかも・・?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)