「もう怒って後悔したくない…」自分のイライラポイントを知る『怒りの記録』

LF_53

イライラへの対処法 「イライラした内容を書き出す」
イライラの最大の原因の1つに『怒り』があります。

そんな怒りの感情と、上手く付き合うための心理トレーニング『アンガーマネジメント』

『アンガーマネジメント』では怒らないことではなく、”怒りで後悔しないようになること”を目指します。

まずは”最近1週間で怒りを感じたこと”を紙に書き出します。

これを『アンガーログ(怒りの記録)』と言います。

書き出すことで、自分がどんなことで怒りを感じるのか、客観的に分かるのです。

そして自分の怒りの原因を分析してみると、自分の”こうあるべき”という価値観が思い通りにならなかった時に、怒りを感じることが多いということが分かります。

LF_52

例えばメールやLINEに対して、”すぐに返信すべき”という価値観をお持ちの方、いらっしゃるかも知れませんが、他の人もそうとは限りません。

なかなか返信が来ない、既読にならないからってイライラするのは違う・・ということです。

怒りは”二次感情”とも言われていて、その裏側には不安やとまどい、心配といった”一次的な感情”が潜んでいるのです。

メールやLINEでも、返信が遅いことに怒ったり、イライラするのは”二次感情”で、本当は”何かあったの?”という”心配”や”不安”といった”一次的な感情”があるということです。

それに気づかず、言葉で上手く伝えられなかったことで怒ったり、イライラしてしまうのです。

その他、価値観の違いでイライラしてしまうことは誰にもありますが自分と違う考え方の人がいても、”この人はそういう価値観なんだ”と受けとめられる”心の器”を広げる努力も大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)