「イラッ」とした瞬間思い出して! 『6秒ルール』でトラブルを回避する方法

LF_51

イライラへの対処法 「6秒数える」!!
イライラからは、決してプラスは生まれません。

ましてやイライラは、人に感染します。

自分がイライラすることで、その場の雰囲気を悪くしたり、周りの人までイライラさせてしまいます。

イライラしないための方法の1つに『アンガーマネジメント』という心理トレーニングがあります。

これは1970年代にアメリカで誕生したもので、『認知行動療法』という”心のストレスを軽くしていく治療法”に基づいたものです。

『アンガーマネジメント』とは『怒りの感情と上手く付き合うための方法』です。

『怒り』はイライラの最大の原因の1つですが、その『怒り』に支配されないように、感情をコントロールする・・というものです。

LF_50

イラッとした瞬間、カッとなった瞬間、反射的に相手に言い返したり手を出したり、何かモノに当たったりしてしまうことがあります。

その結果、ケンカになったり、取り返しのつかない事態になってしまうことだってあります。

そうした事態を避けるための『アンガーマネジメント』ですが、大事なポイントの1つが『6秒ルール』です。

実は”怒りのピーク”は、長くて6秒と言われているんです。

この6秒間は冷静な判断が出来ないのです。

逆に言えば、この6秒をやり過ごすことで、ケンカなど最悪の事態を避けることが出来るというわけです。

イライラした時、まずは原因となる”怒りのピーク”をやり過ごすためにも、6つ数えるだけでも効果的!!

早速、今日からこの『6秒ルール』を実践してみませんか?!



【一緒に読まれている記事】

【拡散希望】119番通報をしたら真っ先に伝えるのは症状ではなく「住所」。この豆知識に納得の声が寄せられる!

【共感】「早速やってみよう!」Twitterにアップされた『嫌な人に会った時の対処法』に賞賛の声が殺到

【注意】「インフルエンザが3日で治るなんてありえない!」熱が下がったからといって無理やり出社する人に注意喚起

【共感】「あまり怒らない人にありがちなこと」が描かれたイラストにあるあると共感の声が寄せられた!

【驚愕】「盲導犬に口笛を吹いたり触ったりしないで…」目の不自由な方達からの切なる願いに改めて考えさせられる

【素敵】「結婚なんてしたくない」男性陣がそう言っている中、後輩の男の子が放った言葉に思わずドキッとさせられた!

【納得】「不審者ってどんな人?」子ども達が考えている不審者と現実の不審者には大きな違いがあった!

【どう思う?】太った男性社員が複数の女性社員に無理矢理体重計に乗せられた…これはセクハラ?

【救われる】「見下されたらラッキーだと思え!」過小評価に悩む人たちを救ったツイートに共感の声が相次いだ!

【納得】「ただ愚痴りたいだけなのに!」求めていない助言にイライラしてしまうなら、こう言っておくと安心!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)