【感動】わずか680グラムで生を授かった赤ちゃん、超未熟児で生まれながらも「生きたい」と願った命が起こした奇跡

■超未熟児の赤ちゃんが起こした奇跡



41465_5

生まれてから106日経ったこんなにも成長した赤ちゃんの姿が!!!

目をぱっちりと見開き、手足をバタバタと元気いっぱい動かしました。

そして遂に退院が決定☆

大好きなお母さんに抱かれて、初めて家に帰りました。

生まれたばかりのころは両手に収まるほどの小ささだった赤ちゃん。

しかしパパママの強い願いと、たくましい生命力のお陰で赤ちゃんはスクスクと成長。

そして遂に1歳の誕生日を迎えることとなりました!!


680グラムだった赤ちゃんの1歳を誕生日を迎えた日の姿がこちら☆

41465_3

しっかりと椅子に座り、甘くておいしいケーキを豪快に食べていました。

そしてその姿からは、よく泣き、よく笑うヤンチャさがにじみ出ています。

あんなにも小さかった命がここまで成長するなんて赤ちゃんの生命力の強さに感動します。

そんな赤ちゃんのたくましい姿から、見ているこちらまで勇気をもらいますね。

そして、彼の今後の成長も楽しみですね。



■動画

Ward Miles – First Year from Benjamin Scot on Vimeo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)