【共感】「普通の人と自分は違う」発達障害を持つ女性が克服のために社交の場に参加してみて気づいたこと

44135_main2

普通の人と自分は違う、ではどのように行動するか?
なっつん(@nattsu_326)さんは、医師から発達障害の診断を受けた女性。

自閉症、ADHDのほか、大きな音や光、感触などに過度に敏感であるHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)も持っています。

しかしハンディキャップに苦しみながら、「普通の人と違うなら違うなりに、幸せに生きる方法を見つけましょう」と前向きにTwitterで情報発信をしています。

「コミュ障を治したい」と思っていた、大学生時代のなっつんさんは具体的な行動を試してみます。

ここでなっつんさんのいう『コミュ障(コミュニケーション障害)』とは、医学上定義される障がいというよりも、ネット上でスラング的に使われる「人とコミュニケーションをとることが極度に苦手」という意味合いです。

なっつんさんが試してみたのは、こういったことでした。



・パーティーに何度も行く

・接客業のアルバイトをする

・ホステスの仕事をする



その結果、なっつんさんはある気付きを得ます。



「社交的で気さくなフリはできるようになるけれど、根っこは変わらない」

なっつんさんのように、「苦手なところを治したい」と行動するのは簡単ではありません。

行動してみたことも、もちろん素晴らしいこと。

ですが、治らないことを嘆くのではなく「自分はこうなのだ」と認める考えができるのも、称賛に値するのではないでしょうか。

なっつんさんの投稿には「分かる」「私だけじゃないんだ」と多くの共感の声が寄せられています。

「なぜ私は、ほかの人と違うのだろう…」と苦しんでいる人には、「そのままでいいんだよ」というなっつんさんのメッセージが勇気になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)