【驚愕】「この不便さがわかりますか?」普段何気なく目にしている手すり、使用者の声にハッとさせられる

25873_main

手すりの長さがちょっと短い!!なかなか気づけない不便さ。
あなたはこの階段の手すりを見て「不便そうだな」と思いますか?

25873_02

25873_01

「普通の手すりにしか見えない」そういう方が多いのではないでしょうか。

数年前に脳内出血により、身体の右側が不自由になってしまったという上様Rさん(@u_e_summer)。

身体がうまく動かなくなって、階段の手すりについて思うことができたそうです。



これは気づきませんでした。

手すりを頼りにする人にとって、この長さだと最後の一段はかなり気を使いそう。

多くの方が「不便」と感じているようです。



国土交通省が発表している『公共交通機関の旅客施設に関する 移動等円滑化整備ガイドライン』では、このような手すりが望ましいとされています。

「始終端部においては、手すりの水平部分を 60cm 程度以上とする。」

階段の終わりから60センチ以上、手すりの長さに余裕をもたせるということですね。

何気なく使っている人には、気づけない不便さ。

なるべく多くの方が気持ちよく使えるように、少しずつでも改善していって欲しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)