【悲痛】花嫁は生きていた!?墓場に埋められた棺から聞こえる叫び声、急いで掘り起こしてみると・・・


ホンジュラス共和国に暮らす16歳の女性、ネイシ・ペレスさん。

彼女はお腹に子を身ごもっており、結婚を間近に控えていました。

そんな幸せの絶頂の中、近くで発生した銃撃戦の音を聞き心臓発作を起こし倒れてしまいます。

急いで病院に搬送されるも、悲しいことに医師から死亡宣告を受けます。

結婚式で切る予定だったウェディングドレスを身に纏い、棺桶に納められたネイシさんはマウソレウムの墓地に埋葬されました。

これから待っていたであろう幸せな日々は音を立てて崩れ落ち、新郎になる予定だったルディ・ゴンザレスさんは深い悲しみに暮れました。

墓地から聞こえる叫び声

ネイシさんが埋葬された翌日も墓地に訪れたルディさん。

その時、棺の中から叫び声が聞こえることに気が付きます。

墓地の管理人にそのことを伝えたところ、管理人も確かにネイシさんが埋まっている場所から発せられる音を確認しました。

そこでネイシさんの納められた棺を掘り出す作業が急ピッチで進められたのです。

掘り出された棺が開けられると、地元の司祭が呼ばれ儀式めいた蘇生施術が始まりました。

すぐさま医師も呼ばれ医学的蘇生術が施されましたが、彼女が息を吹き返すことはありませんでした。

蘇生術を施してから3時間後、2度目の死亡宣告がなされた彼女は元の墓地へ埋められていきました。

彼女は生きていた!?

一体あの声は何だったのか・・・。

誰もがネイシさんを愛するあまりルディさんが狂言を放ったのでは疑ったことでしょう。

しかし管理人も物音を聞いている他、棺が開けられた際にいくつかの不可解な点がありました。

亡くなったネイシさんの指には、それまでに見られなかった傷が残っていたのです。

何かをひっかいたようなその傷跡に、棺から出ようとしていたのではないかとの仮説が立てられました。

そして額にもこれまでなかったはずの痣ができており、棺桶の窓ガラスが割られていたといいます。

こういった状況から、ネイシさんが棺桶の中で息を吹き返していた可能性が非常に高いと判断されました。

ネイシさんの母は、彼女の死亡宣告を行った医師の診断に誤りがあったのではと、その責任を追及しているそうです。

これから愛する夫と子供に囲まれ、幸せな生活を迎える予定だったネイシさん。

せめて彼女が安らかに眠り、天国でお子さんと一緒に過ごせていることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*