【涙腺崩壊】出産後意識不明に陥った母親。「明日まで持つか分からない」と宣告された母親と生まれたばかりの赤ちゃんが起こした奇跡に感動(※動画あり)

キャプチャ63

『奇跡』
2014年9月12日、アメリカ・ノースカロライナで一人の少女ライランちゃんが誕生しました。

当時、普通分娩で出産に挑んでいた母、シェリー・カーリーさん。
しかし陣痛が長引き母子ともに危険な状態に陥ってしまった為、2人の安全を考慮して全身麻酔による緊急帝王切開によってライランちゃんを取り上げることとなりました。

医師の的確な判断により、元気な産声をあげて無事誕生したライランちゃん。

一方母シェリーさんは全身麻酔から覚めることなくそのまま昏睡状態に陥る事となってしまったのです。

「明日まで持たないかもしれない」

そう医師に告げられたシェリーさん。

しかしそんなシェリーさんに奇跡を運んだのは生まれたばかりの愛娘でした。

女の子の出産に挑んだ母、シェリーさん。

当時普通分娩で出産予定でしたが、陣痛が長引き母子ともに危険な状態に陥ってしまった為、全身麻酔による緊急帝王切開によって最愛の娘ライランちゃんを出産。

医師の的確な判断により、元気な産声をあげて無事誕生したライランちゃん。

周りで見守っていた親族も元気いっぱいなライラんちゃんの姿を見て胸をなでおろしました。

しかし一方、母親であるシェリーさんは一向に目を覚ましません。

sekkai1

シェリーさんは全身麻酔をかけてから意識が戻ることなく、そのまま昏睡状態に陥ってしまいました。

彼女は自分の命を懸けてまで出産に挑んだライランちゃんの泣き声を聞くことも、その小さな体に触れることもできないまま意識不明の重体に陥りました。

たくさんの生命維持装置に繋がれたシェリーさん。
その姿は痛々しく、事の重大さを物語ります。

シェリーさんの家族が悲しみに暮れる中、医師からは

「明日までもつか分からない・・・」

と残酷な現実を突きつけられました。

「もしシェリーが自力で何かしない限り、もう手の施しようはありません。

残念ながら、明日の朝まで持つかどうか・・・」


そんなシェリーさんの事態を知った友人たちは『チームシェリー』を立ち上げ、彼女の回復を祈り続けました。
シェリーさんが母親としてライランちゃんを抱くことができますように・・・。
チームシェリーとシェリーさんの家族はただ奇跡を信じて祈る事しかできませんでした。

16237_011

そこで、看護師のひとりがある提案をしました。

「母親に赤ちゃんを触れさせてみたら?」

母親となったシェリーさんが最愛の娘であるライランちゃんに触れた時、何か奇跡が起きるのではないか?
その場にいたみんなが、その可能性にかけてみることにしました。

「赤ちゃんにとって母親との肌の触れ合いが、非常に良い影響を与えるものです。

それなら、母親にも赤ちゃんとの肌の触れ合いは良い影響をもたらすはず。」


1

そんな看護師の提案を受け、わずかな望みにかけ旦那さんは生まれたばかりのライランちゃんを抱えて病室にやってきました。

「もしかしたら、奇跡が起きるかもしれない!」

誰もが藁にもすがる思いで祈りを続けました。

そしてシェリーさんのもとへやってきたライランちゃん。

キャプチャ

シェリーさんの胸に置かれたライランちゃんは母親の温もりを感じながらスヤスヤと眠っています。

「ライランちゃんを起こしてみよう」

看護師の粋な計らいにより眠りから起こされたライランちゃん。
目覚めが悪かったのか大きな泣き声をあげた次の瞬間!!!

誰もが目を疑うような奇跡が起きたのです☆

泣き声をあげた赤ちゃんの起こした奇跡は次のページで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)