【心痛】虐待の末亡くなった5歳女児の「悲痛なメモ」カンニング竹山が両親への怒りを爆発させる

takeyama

東京都目黒区で起きた痛ましい事件。



5歳の小さな女の子が父親に虐待され、その尊い命を失いました。

女の子は長期間まともにご飯を与えられずに痩せ細り、暗く空調の無い部屋に閉じ込められ放置されていたのです。

言いつけが守れないと暴力を位振るわれ、体調不良を起こしても病院すら連れて行ってもらえませんでした。

衰弱した女の子は、亡くなった後もしばらくの間放置されていました。

2018年6月に両親が逮捕され警察の家宅捜索の際、女の子が残したノートが発見されます。


女の子が残したノート



1806072

ノートを開くと、そこには自分を励ます言葉が残されていました。

そして、両親への謝罪の言葉が綴られていました・・・。
「もうおねがいゆるして ゆるしてください」

「ほんとうにもうおなじことはしません ゆるして」

この内容が報道された時、誰もが胸を痛めたことでしょう。

小さな女の子がおかれた環境、そして結末に多くの人が深い悲しみと怒りを感じたと思います。

そして、その怒りを代弁するかの如く「カンニング竹山」さんが両親への怒りを爆発させたのです。

その内容に、沢山の人から共感の声が上がっています。


「カンニング竹山」さんの想い



竹山さんは事件が発覚した日にTwitterを更新。

虐待事件についてやりきれない想いを語りました。


わけのわからん虐待するくらいなら俺が引き取って育てるから。。。

と、悲痛な想いを綴りました。

そして、「悲しい、親ブン殴りに行きたい」とご両親への怒りをあらわにしています。

普段からキレ芸を披露している竹山さんですが、この投稿には1人の人間としての叫びが込められています。

竹山さんの心の叫びに、多くの人から教官のコメントが届きました。
















亡くなった女の子は過去に2度も保護されています。

なぜ、そのまま保護することができなかったのか。

現実にはまだまだ助けを求めている子供たちがたくさんいる事でしょう。

その子たちに笑顔を取り戻せるような、そんな世の中で合ってほしいと願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)