【心痛】「パパはいつでも傍に」33歳の若さで殉職した警察官、残された息子に贈られた◯◯のテディベアが家族の笑顔を取り戻す

805c3548da01233391a335aaaf8d2973

突然家族を失った悲しみはそうそう癒えるものではありません。

更に、幼い子供を残したまま父親がこの世を去ってしまった時。

母の悲しみは計り知れないでしょう。

今回ご紹介するのは、33歳の若さで殉職してしまった警察官と、残された家族のこんな切ないお話です。


殉職した警察官と残された家族



2-20

早すぎる死を迎えてしまったのは、アメリカ・セントルイス警察の警察官であるブレイク・スナイダーさん。

2016年10月6日に発生した暴力事件の現場に急行した際、18歳の少年に至近距離から発砲され、33歳という若さで殉職しました。

ブレイクさんには、妻・エリザベスさんとの間に息子がいました。

2歳になるマラキくんです。

1-38

まだ幼い息子を残し、33歳という若さでこの世を去ったブレイクさん。

残された家族は失意のどん底まで突き落とされます。


家族を笑顔にしてあげたい



3-14

そんなある日、イリノイ州グラナイトシティに住む警察官の妻からマラキくんに2体のテディベアが送られました。

ブレイクさんが殉職した知らせを聞き「家族をどうにか元気づけたい」と考えてくれたようです。

ベアと対面したマラキくん、、「Bears, Bears!(クマ、クマ!)」と言い、次にブレイクさんの名前を呼んだのです。

2体のベアを抱き、笑顔を見せるマラキくん。

実はこのベアには、警察官の妻からの素敵なサプライズが仕込まれていました。


父親の制服をテディベアに



Snyder+bears
(引用:THEA’S BLESSING BEARS

なんとか家族を元気づけようと考えた警察官の妻は、『Thea’s Blessing Bears』というテディベア専門のメーカーに連絡を取りブレイクさんの制服でテディベアを作ってもらうように依頼していたのです。

右胸には、ブレイクさんの制服についていたワッペンが。

そして左胸には、ブレイクさんの認識番号である『4153』が縫い付けられています。

テディを抱える息子を見たエリザベスさんは、テディについてこう語ります。
息子は、このテディベアと夫のつながりを間違いなく理解しています。

そしてこの出来事が、徐々に家族の笑顔を取り戻していきます。


一人ではない



4-10

エリザベスさんは、この出来事を通じて
こういった形でマラキくんに「父親」を残せたこと。

多くの人に支えてもらっていること。

そして、その多くの人のおかげで父親がどんなに素晴らしい人だったのかをマラキくんが知る事が出来る事を感謝しています。

と語っています。

ブレイクさんを失った悲しみは完全に晴れることは無いでしょう。

ですが、今回のプレゼントがキッカケで確実に前を向き始めたエリザベスさん。

マラキくんと、そしてテディベアと共に乗り越えていってくれるといいですね。

改めて、ブレイクさんのご冥福をお祈りすると共にご家族の末永い幸せをお祈り申し上げます。
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事