【泣いた】火災現場にはチャイルドシートに縛られた赤ちゃんが・・・自身の命と引き換えに我が子を守った母の愛に涙

1-33

アメリカ・イリノイ州で起きた凄惨な家事。

焼け跡からは若い女性の遺体が発見されました。

この女性は12日前に出産したばかりでしたが、家の中から赤ちゃんは見つかりません。

なんと、女性はある驚くべき方法で赤ちゃんを救出していたのです。


21歳になった翌日に



2-12

今回の事故はアメリカ・イロノイ州にあるワイオミングで起きました。

人工わずか1,400人程で、住人は全員知り合いと言っていいほどの人情に溢れた小さな街です。

ここに暮らすシェルビー・アン・カーターさん。

彼女はフィアンセと共に母の家で暮らしながら、美容師として働きに出ていました。

そして2017年1月、シェルビーさんが20歳の時に娘、キーナ・デイビスちゃんを授かります。

娘が生まれてからの生活は幸せに包まれ、この幸福がこれからも続くものと思っていました。

しかし、21歳の誕生日の篤実に悲劇が訪れたのです。


自宅で火災が発生



3-10

2017年1月30日にシェルビーさんの自宅で火災が発生しました。

消防署への通報はシェルビーさんからで、自身の息苦しさを訴えていたといいます。

そして、その通話の中で生まれたばかりの娘について何も言及しない事に違和感を感じた消防隊員。

すぐに現場に駆け付けましたが、2回の角部屋でシェルビーさんが倒れているのが発見されました。

残念なことに、逃げ遅れたシェルビーさんは21歳の若さで命を落としてしまったのです。

しかし、同じ部屋にいるはずのキーナちゃんの姿が見えません。

一体どこに行ってしまったのか・・・?

捜索に当たった消防隊員は、鎮火後の状況調査で驚くべき光景を目にします。


娘を救った母の想い



5-5

消防隊員が自宅の裏側を調査したところ、どこかから赤ちゃんの泣き声が・・・。

なんと、そこには逆さまになったチャイルドシートの中に縛り付けられたキーナちゃんが!

驚くべきことに、シェルビーさんは生後12日のキーナちゃんをチャイルドシートに縛り付け2回の窓から落としていたのです。

その光景を目の当たりにした消防署長はこう語ります。
「我が子を何としても守ろうとする母親の本能が働いたのかもしれません。

ただ、どうして彼女が一緒に飛び降りなかったかはわかりません。

すでに力が残っていなかったのかもしれません…」

炎の恐怖が迫る中、必死に知恵を絞りキーナちゃんを救おうとする母の姿を想像すると涙が止まりません。

そしてキーナちゃんは、検査の為すぐに病院に運び込まれました。


娘は無傷



16299497_10208495056797240_6732980552984948406_n

病院でいくつかの検査を終えたキーナちゃんは全くの無傷である事が確認された後、親戚の家に預かられています。

火事の後、地元のコミュニティの協力でシェルビーさんの家族の為に募金活動が行われました。

小さな町にも関わらず、わずか1週間で約40,000$(約450万円)もの募金が集まったそうです。

これからキーナちゃんは、この街の住人に見守られながら大きく成長していくのでしょう。

シェルビーさんに敬意とご冥福を、そしてキーナちゃんの末永い幸せをお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)