【感動】「最初の喧嘩をしたら開けなさい」結婚祝いに貰った小さな箱、9年もの間眠り続けた箱の中身は・・・

68e2c9e12f813877efca4126a0dd3f4b

今回ご紹介するのは、アメリカ・ミシガン州に住むキャシーさんとブランド・ガンさん夫婦のこんなおはなし。

9年前、2人が結婚した際に贈られた結婚祝いのプレゼント。

そのプレゼントを9年物間大切に守り続けて来た夫婦が、ついにその箱を開封します。

その箱を9年もの間しまい込んでいた理由とは何だったのでしょうか?

そして、一体中には何が履いていたのでしょうか?


大叔母からの結婚祝い



2-1

キャシーさんの大叔母から送られた結婚祝い。

傍らに添えられた封筒には、こんな文字が記されていました。
「最初の喧嘩をするまで、箱を開けてはいけません」

このプレゼントを受け取ったガンさん夫妻は、この箱を9年もの間クローゼットにしまい込んでいました。

もちろん、この9年間1度も喧嘩をしなかったわけではありません。

ではなぜ2人はこの箱を開封しなかったのでしょうか?

そこには、ガンさん夫妻の確かな絆が込められていました。


プレゼントが未開封の理由とは?



1

今回箱を開くキッカケとなったのは、友人の結婚式。

2016年5月、二人でワインを飲みながら結婚式を挙げる友人のプレゼントについて話し合っていた時の事です。

自分たちにとって1番嬉しかったプレゼントを思い返した
時、真っ先に浮かんだのが大叔母から贈られた未開封のプレゼントでした。

これまで箱を開封しなかった理由について、キャシーさんはこの様に語っています。
「正直に言うと、私たちはふたりとも箱を開けないようにしていました。

箱を開けたということは、結婚生活が修復不可能になったことを意味すると感じていたからです。

だから、頑固に箱を開けませんでした。

箱は私たちに、状況を考え直すよう仕向けたんです。

本当に、今箱を開けるべき時なんだろうか? これは私たちにとって最悪の喧嘩だろうか?

もしこの後にこれよりひどい喧嘩をして、その時に箱がなかったらどうしよう?!?」

プレゼントの中身よりも、存在そのものが重要なのだとキャシーさんは語ります。

しかし、ガンさん夫妻はこの箱を開けることを決意します。

一体中には何が入っていたのでしょうか?


プレゼントを開封



その夜、2人はプレゼントを開封することに決めました。

箱を開けてみるとそこには、ワイングラス、花瓶、入浴剤、そして紙に包まれた現金が2つ入っています。

現金を包んでいた紙には1つはキャシーさん、もう1つはブランドさん宛にメッセージが添えられてありました。

キャシーさん宛の物がこちら。

4
このお金でピザを買い、お風呂の用意をしなさい。

ブランドさん宛の物がこちら。

5
このお金で花とワインを買いなさい。

「2人とも1回落ち着いて、そして仲直りしなさい」

という大叔母さんの声が聞こえてきそうですね。

本当に大切なもの



3

キャシーさんは、「ふたりにとって箱の中身より大切だったのは、箱そのものの存在でした」と語ります。
「9年(それと3回の引っ越し)の間、箱はいくつものクローゼットの中でほこりをかぶっていました。

しかし箱は私たちに、我慢すること、相手への思いやり、妥協すること、そして忍耐を教えてくれたのです。

私たちは、お互いの親友、パートナー、チームメートになることで、絆を強めてきました。

そして今日、私たちは箱を開けることにしました。

なぜなら、ついに気付いたからです。

強く結ばれた家庭を築いていくための道具は、箱には入っていない。

それは私たちの中に存在する、と」

6

その事に気が付いたガンさん夫妻は、これからどんな困難が待ち受けようと2人で乗り越えていくことができるでしょう。

お二人の末永い幸せを、心より願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)