【悲痛】犬の安楽死に耐えかねて・・・自ら命を絶った動物保護施設スタッフに涙が止まらない

e7faaa3fc75c41f7e3f7c1e71b3466ee

台湾から届いたとても悲しいニュース。

動物保護施設で働きながら、犬の安楽死に向き合っていた1人の女性が自らの命を絶ちました。

日本でも決して無視できないこの問題。

私たちに何ができるのか、とても考えさせられるニュースです。


愛情と信念を持った優しい女性の死



34870CFC00000578-0-image-a-51_1464003409985

自ら命を絶ったのは、動物保護施設で働く簡稚澄さん。

同僚からも、「優しく、動物に大してプロフェッショナルな人物」として認められていた31歳の女性です。

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業した彼女は、2年間に700匹の犬を“処分”しなければなりませんでした。

それは捨てられた動物たちが後を絶たず、保護施設の過密問題が深刻だった為です。

動物の命に対し、愛情と信念を持って接していた簡さん。

安楽死の処置を行いこれから死にゆく命を抱きしめる、彼女にとってそれは耐えきれない日々でした。


周囲の厳しい批判



34870CBA00000578-0-image-a-52_1464003425319

毎日落ち込みながら、それでも動物を救いたい一心で働いていた簡さんに更なる試練が訪れます。

動物保護団体による痛烈な批判です。
「美しき死刑執行者」

「美しき屠殺人」

簡さんを槍玉に挙げて続く、厳しい非難の声。

ついに思い詰めてしまった彼女は、動物に投与してきた安楽死の薬剤を自らに投与します。

昏睡状態に陥った簡さんは、そのまま動物たちと同じ場所へと旅立ちました。

責任感が人一倍強く、動物を心から愛していた簡さん。

耐え切れない毎日から抜け出す方法が、命を絶つ結果になってしまったのです。


悲しいニュースに寄せられた声



34870CB300000578-0-image-a-49_1464003391315

大手ニュースサイトによってこの事件が取り上げられると、ネット上では様々なコメントが寄せられました。
「なんというかわいそうな女性。きっと心の優しい人だったのでしょう」

「どうして次から次へと犬が処分されなければならないんだ。人口比からみてもおかしいだろう」

「憐れとは思わない。彼女は自分の仕事から逃げたに過ぎない」「償いたかったのだろうか。やりきれない」

「政府がきちんとしないと同じようなことは繰り返される」

一般的な安楽死の判断は、ペットの生活の質に基づいて行われます。

医療技術の進歩により動物の寿命は延びましたが、その幸福度を測り知るはできません。

そこで、ペットの様子を飼い主と獣医が判断できるスケールをカリフォルニアで獣医をしているAlice Villalabosさんが定めました。

■判断基準

Aliceさんが提唱する「HHHHHMM Quality of Life Scale」では、飼い主と獣医が、

ペットの「苦痛」「空腹」「水分補給」「衛生」「幸福」「可動性」「いい日と悪い日の数」を観察し、0-10の得点を付けます。

この作業は、飼い主と獣医が別々に実施します。

観察は、注意深く行わなければなりません。



このように、動物たちは人間の都合だけで命を削られているケースが日本にも多く存在します。

今一度、私たちには何ができるのか、何をすべきなのかを考えていかなければならない問題です。
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事