【心痛】子供たちのイタズラで全身をノリで固められてしまった子犬、治療により身体の傷は癒えたものの心に負った消えない傷

2-9

海外で起きた悲惨なニュース。

全身をノリで固められた子犬の姿に、多くの人が心を痛めました。

この子犬に何があったのでしょうか?

あまりにひどいその状態から、子犬が回復に至るまでの動画が公開され話題となっています。



子供たちのイタズラの果てに



1-7

「パスカル」と名付けられたこの子犬。

全身をノリで固められ、まともに息もできていない状態で発見され保護されました。

全身にこびりついたノリが厚い層になり、身動きすら取れないパルカス。

いったい誰がこんなひどいことを・・・。

なんと犯人はまだ幼い子供たちで、ふざけてノリの中に子犬を沈めたというのです。

すぐに保護施設に運ばれ、パルカスの治療が開始されました。
「まるでセメントで固められていたようだった」

担当した獣医は、当時の状況についてこのように語りました。



懸命な治療



4-4

全身を固められてしまったことにより血流が滞り、ゴミの付着も酷かったパルカス。

このままでは死の危険性もあり、獣医たちによる懸命な治療が開始しました。

全身を覆っていたノリを除くため、慎重に毛を刈り取ります。

数時間にも及ぶ作業の末、身体に付着したノリを取り除くことができました。

5-6

皮膚があらわになったパルカスの身体。

あちこちに化学物質による火傷を起こしてしまっています。

火傷で傷んだ傷を癒すために、薬の中に漬けるなどさまざまな治療が施されました。

さらには骨折している箇所も見つかり、パルカスが危険な状態に置かれていたことがわかります。

それでも獣医たちとパルカスの諦めない気持ちにより、徐々に回復を見せていきました。



心に負った深い傷



9

身体の傷は徐々に癒えてきたパルカス。

ですが、その心には相当深い傷を負ってしまいました。

写真に写るパルカスの表情に胸を締め付けられます。

クリニックに運ばれた当時のパルカスについて、獣医師はこのように語っています。
パスカルの目には裏切られた哀しみ、怯え、痛みが浮かんでおり、

まだ赤ちゃんであるにも関わらず、年老いた犬のような憔悴した目をしていました。

子供のしたことでは決して許されない卑劣な行為。

命の尊さを子供たちに伝えるのも我々大人の役目です。

もう2度とこのような惨劇が起きないよう、私たちに何ができるのかを考えて行かなければなりません。



パルカスのその後



6-2

動物病院で毎日愛情を注がれ、徐々に笑顔を取り戻しつつあるパルカス。

体調が回復した段階で里親を探すことになっているそうです。

これからパルカスにとって素敵な家族が現れることを願っています。

7



cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事