トンカツ屋に”通ってた”ら人生が変わった

127c1c45.jpg
1:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:21:12.63 ID:qZA5vYVTO

立ったら書く。



2:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:21:56.31 ID:PtjPmFzU0

かまわん
つづけろ



5:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:26:14.36 ID:qZA5vYVTO

大学に進学した時、俺は地方出身だったから東京で一人暮らしを始めたんだ。

当時は東京の電車の煩雑さにも恐れを抱いていたため大学の最寄り駅に部屋を借りた。
勿論貧乏だったから三畳一間だ。



8:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:29:03.86 ID:vdWrTxCS0

床屋に通ってたらちょくちょく髪型変わった



11:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:30:50.33 ID:qZA5vYVTO

文学少年だったおれは、なぜか大学も行かず家で小説ばっか読んでたんだww
一人暮らしによくあるパターンだな。


そんな墜ちきった俺でも、唯一週間にしてたことがあったんだ。


それがスレタイにあるように、毎日夜にトンカツ屋に行くこと。



12:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:33:46.45 ID:qZA5vYVTO

商店街の精肉店がやってる店で、そりゃあもう安い値段だった。

料理もできない貧乏な俺は、そこで毎日、ソースカツ丼の大盛と無料のキャベツの大盛りの一食だけで餓えを凌いでた。



14:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:34:10.64 ID:JijLm+Q80

デブでしょ?



21:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:39:29.35 ID:qZA5vYVTO

>>14
体質なのかわからんが、いくら食っても太らないんだ。
しかも大食いだったから食費の心配がかなりあった。
でも、金がなくてキャベツだけの日とかもあった。


半月ぐらい通ってたある日、
店で一人の女の子が声を掛けてきたんだ。
「太宰治、好きなんですか?」と。



16:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:36:07.78 ID:qZA5vYVTO

毎日、昼頃に起きて文豪の書いた小説を読み耽り、腹が減ったらそのトンカツ屋に行き、朝までまだ読み耽るという、カスな大学生にしか出来ない自堕落な生活をしていた。



23:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:44:27.69 ID:qZA5vYVTO

その女の子は家族で営んでる精肉店の娘で、週何回か手伝いをしてた。

正直、かなりの美人で、よく常連客のおっさん共がちょっかい出してた。

ちなみにボッチ常連の俺はボッチ相応に女性と話すのも苦手だったわけで、
美人だなー、と思いつつも横目で見るというような気持ちの悪い行為に勤しんでいた。



25:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:45:03.78 ID:PtjPmFzU0

食う時は本を読むな



28:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:49:57.19 ID:qZA5vYVTO

ああ、スペックか



176cm
55キロ
顔は藤原達也?をなんかどんまいにした感じらしい



33:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:55:53.92 ID:qZA5vYVTO

で、
話し掛けられた時、俺は太宰治の斜陽を読んでいた。

「え…ぁ……ええ、はい」とキョドりぶりを発揮し、終わった、と思った。


だけれど女の子は俺が肯定した時、顔を笑顔でいっぱいにし
「そうなんですか!私も太宰大好きなんです!」と言った。



34:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 13:57:24.88 ID:OsGhriJP0

>>33
こいつ人間失格だな



37:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:01:24.40 ID:qZA5vYVTO

「どんな……どんな作品が好きなんですか?」

「全集を一通り読みましたけれど、一回りして人間失格が一番好きなんです。」

「皆、共感できると人気ですよね」

「そう!駄目具合がもう私とそっくりでww……あ、ごめんなさい」



その時の酔ったおっさんどもの罵声は今でもよく覚えている。



↓友だち追加しよう♪↓



続きは次のページにてご覧ください!

38:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:02:22.51 ID:KgjbHpDX0

なんちゅうええ娘や……



42:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:10:30.00 ID:qZA5vYVTO

それから、少女は度々話し掛けてくれるようになった。

太宰は自殺してから女に縄で入水してくれるよう頼んだんだ、彼は相当のナルシストだったからぶくぶくに膨れた惨めな姿を見せたくなかったんだよね。という自慢にもならない太宰に対する持論を、少女は目を輝かせて聞いてくれたりもした。



43:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:17:05.13 ID:qZA5vYVTO

少女の経歴を聞くと、今は高校生で大学は、俺の行きたい大学を目指してるとのこと。

一方俺は、大学をサボり続けていて、留年が早々に確定していた頃合いだった。



45:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:29:19.20 ID:fobgxVswO

走れロース



50:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:44:37.08 ID:FDcnHA8d0

で?で?



51:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 14:48:50.00 ID:R+XKSrez0

俺は文学良く知らんけど
「太宰は自殺してから女に縄で入水してくれるよう頼んだんだ」
これってどういう意味?



52:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:04:27.39 ID:qZA5vYVTO

>>51
入水自殺すると、水飲み込んでぶくぶくになって死ぬんだ。

だけれど、太宰は綺麗な姿で死んでいた。
つまり、太宰は入水する前から死んでたんだ。



53:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:06:37.17 ID:R+XKSrez0

なるほど、死体を水に沈めてくれって頼んだのか



55:名も無き被検体774号+:2012/02/09(木) 15:12:27.70 ID:qZA5vYVTO

>>53
死体を投げ入れたら、水吸い込まないから浮いてきてしまうんだ。

だから生きてる女は太宰を自分の体に縛り付けて、川の中に飛び込んだ。



↓友だち追加しよう♪↓



cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事