【感動】結婚式直前に意識不明となった花嫁、6年にもわたる家族と夫の支えが奇跡を呼ぶ

kWoshGfFcSs1t29k5lLE

異動してきて間もないウェディングプランナーがファイルの整理をしていた時の事です。

当時2014年6月であるにも関わらず、2007年3月の日付で結婚式を予定していたお客様の1冊の古いファイルを見つけました。

疑問に思いその結婚式について調べてみた所、ある事情から結婚式を「保留」にしていたことが判明。

涙なしでは語れない、家族の愛と絆のお話です。



結婚式間近の2人に訪れた悲劇



Z7czwKhoRjpXspLTaHym

交際2年になる尚志さんと麻衣さん。

ふたりは婚約期間を経て、2007年3月に挙式を挙げることも決まりまさに幸せの時を過ごしていました。

結婚式会場も決め、準備を始めた2人。

しかしその矢先、麻衣さんの身に原因不明の病が襲いかかり意識不明状態に。

突然の出来事に戸惑った尚志さんは、式場に連絡し、結婚式を「保留」にしてもらいました。

「キャンセル」ではなく「保留」にしたのには尚志さんの強い想いがありました。

いつの日か麻衣さんと結婚式をするという想いを胸に…

そして結婚式場もおふたりの結婚式挙げる日を待つように大切に顧客ファイルを保管していたのでした。

ここから麻衣さんと家族の長い闘いが始まったのです。



終わりの見えない闘い



WumH7deInKrkQ6PQ010S

麻衣さんは人工呼吸器でかろうじて命をつないでいる状態。

一時は心肺停止になり、命の危険にさらされたこともありました。

いつ目が覚めるとの保証もない、終わりの見えない闘いにもかかわらず、尚志さんは会社に勤めながら看病を続けました。

一カ月、また一カ月と時は経ち、麻衣さんが意識を失ってから1年物歳月が経過しました。

そしてある日、いつものように病院に到着した尚志さんへ、麻衣さんの母から親として苦渋の決断を伝えられます。
「もっと元気な子がいるから」

「もう別の人探していいから」

いつ目が覚めるか、そもそも覚めるのかすらわからない娘に母も胸を痛めているはずです。

ですが、娘の為に若い時間をささげる尚志さんに対しても胸を痛めていたのでしょう。

この母の決断に対し、尚志さんは「もう一度麻衣さんの笑顔が見たい」と決意を新たにしました。



6年後に舞い降りた奇跡



npu9lPvhoxga7yjy3kUn

決意を新たにした尚志さんは、その後も麻衣さんの笑顔を取り戻したい一心で支え続けてきました。

麻衣さんが意識不明になり、既に6年もの月日が経過しています。

それでもなお諦めずに献身的に看病を続けて来た家族の想いが通じたのか、この後とても信じがたい奇跡が起きます。

なんと、麻衣さんが6年ぶりに目を覚ましたのです。

はじめは意思の疎通さえままならなかった麻衣さんも、徐々に笑顔を見せるなど、ご家族や尚志さんの想いに応えるかのように目覚ましい回復ぶりを見せます。

目が覚めてからは、落ちた筋力を戻したりするためにリハビリが開始されました。

そして、目覚めから更に2年後、ついに待ちに待ったあの日を迎えることになりました。



8年越しの結婚式



YTlARCCuattIyE5IayUs

あの約束から8年、ついに待望の8結婚式の日を迎えることができました。

挙式前のベールダウンの時、お母様から麻衣さんへ心からの一言。
「頑張ったね」

辛いリハビリの甲斐あって、親御様に支えながら尚志さんのもとへご自分の足で一歩一歩、バージンロードを歩いていきます。

たくさんの人の笑顔と涙に包まれ、おふたりの結婚式=復活祭は盛大に執り行われました。

麻衣さんを信じる気持ちが起こした奇跡を目の当たりにし、その愛の深さに心が打たれます。

いつも隣にいる人が、今この瞬間が当たり前ではないのだという事を改めて感じさせられました。

一緒に笑い合い、時には喧嘩もするけれど同じ時間を過ごせる事はとても幸せな事ですね

尚志さん、麻衣さん、いつまでもお幸せに。

kWoshGfFcSs1t29k5lLE
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事