【心痛】サーカス団から救出されたボロボロの虎。虐待により心身ともに傷ついた虎が美しい姿を取り戻す

ee5347dbb7ee839fa1e68fee631ba189

とあるサーカス団で飼われていたベンガル虎「アーシャ」。

生後9ヶ月にして体重は13Kgほどと、平均体重のおよそ4分の1しかありません。

体毛はところどころ抜け落ち、地肌まで見えて虐待されていたのは誰の目から見ても明らかです。

そんなアーシャの情報を掴んだある動物保護団体が、彼女を救出するために動き出しました。


サーカス団から救出された虎



2-14

彼女を救ってくれたのは、アメリカ・テキサス州にある野生動物保護センター(In-Sync Exotics Wildlife Rescue and Educational Center)。

アーシャは白癬(はくせん)と呼ばれる皮膚病を患っていました。

白癬とは水虫の一種で、不衛生な環境から身体にカビが生えてしまう病気です。

センターでは1日2回薬を与えながら、薬を溶かしたお風呂にアーシャを浸からせる治療を開始しました。

傷口に沁みるのか、この「薬浴」をひどく嫌がったアーシャ。

スタッフは逃げ惑う彼女をなんとか追いかけながら、やっとの思いで入浴させていたといいます。

すると彼女はみるみる回復し始めました。


美しい姿に



5-2

始めこそ嫌がっていた薬浴も、しばらくすると効果が出始めたのか自ら好んで入るようになったアーシャ。

すると彼女の身体はみるみる回復し始め、8ヶ月後には立派な姿を取り戻します。

痛々しく抜け落ちていた体毛も生えそろい、本来の美しい毛並みを取り戻すことができました。

4-6

この治療がきっかけとなり、水遊びやお風呂が大好きになったというアーシャ。

すっかり活発で元気な女の子になた彼女に、素敵な出会いが訪れました。


良き伴侶との出会い



6-4

元気を取り戻したアーシャは、彼女より少し体の大きいオスのトラ「スマグラー」を紹介されました。

2頭はすぐに意気投合し、今では同じケージの中で仲睦まじく暮らしています。

7-2

良き伴侶にも恵まれ幸せいっぱいのアーシャ。

これまでの悲しみの分、より大きな幸せが彼女に訪れることでしょう。

そんなアーシャの毎日の楽しみは・・・

やっぱりお風呂なのだそうです(笑)

8-1
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事