【感動】「認知症になっても忘れなかった記憶」行方不明になったお爺ちゃんが保護されたとき、警察官のとった行動とお爺ちゃんの気持ちに心を打たれる

15975acc7654bfffecac00c1e51d3d58

行方不明になっていた認知症の男性を保護した警察官。

必死に変えるよう説得しても頑なに動かない彼が語った言葉に胸を打たれた警察官は、ある行動を起こします。

心温まる夫婦と警察官の素敵なお話しをご紹介します。


行方不明になった認知症の男性



15975acc7654bfffecac00c1e51d3d58

アメリカ・アーカンソー州で1人の男性が行方不明になったと通報が入りました。

行方不明になった男性は当時83歳だったメルビンさん。

彼は認知症を患っており、いなくなったことに気が付いた妻のドリスさんは急いで周囲を探し回ります。

しかしメルビンさんを見つけることは叶わず、警察署へ連絡し捜索を要請しました。

article-2638327-1E2C2ED200000578-161_634x390

通報を受けた警察官が捜索に当たったところ、自宅から3Km離れた本屋の駐車場にて2人の警察官が無事メルビンさんを発見。

発見した当時、メルビンさんは自分の名前を呼ばれるとしっかりと返事をしていたといいます。

しかし車に乗せ送り届けようとしても、メルビンさんは頑なにそれを拒みました。

その様子に警察官が困惑していると、メルビンさんはあることを語りだしました。


「明日は母の日だ」



article-2638327-1E2C4F1600000578-510_634x352

困ってしまった警察官。

その時メルビンさんが「明日は母の日だ」と話し始めました。

メルビンさんは、妻・ドリスさんとの間に子供を授かった年から毎年欠かさず花束を贈り続けていたといいます。

認知症を患ってからだんだんと朧になっていく記憶の中で、ドリスさんへの感謝だけは忘れることはなかったメルビンさん。

この話を聞き彼の想いに心を打たれた警察官は、とても素敵な行動を起こしてくれました。

署にメルビンさんの発見を連絡した後、ドリスさんへ送る花を求めに一緒に店を回りました。

そしてメルビンさんの所持金で足りなかった分を、こっそりと店員さんに支払ってあげたのです。


妻への感謝



article-2638327-1E2C2ED600000578-287_634x357

自宅へパトカーが到着したことに気づいたドリスさんが玄関のドアを開けると、そこには花束を持ったメルビンさんが立っていました。

メルビンさんの気持ちを知ったドリスさんは感動し、「ありがとう。ありがとう。」となんども感謝の気持ちを伝えました。

認知症によって失われていく記憶の中で、妻への感謝と愛を忘れずにいたメルビンさん。

歳を取ろうといつまでも愛し続ける夫婦の姿に胸にこみ上げてくるものがありますね。

そしてそれを手助けしてくれた警察官のお二人の行動にも心を打たれました。
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事