【賞賛】息子の泣き声が響き渡ったイオン店内。そこで現れたおばあちゃんのひと言に涙が止まらない

maxresdefault-730x410

まだ幼い子供を連れて外出することはとても骨が折れますよね。

親の言いつけを守りおとなしく過ごしてくれるのが理想ですが、現実はそうはいきません。

今回ご紹介するのは、子連れで外食をしていたお母さんが体験したあるエピソード。

優しさ溢れるご婦人の行動に思わず涙がこぼれます。


なかなか泣き止まない子供・・・



15245199-フードコート内のテーブル

Twitterユーザーの毒リンゴ(@dokuringomaimai)さんが投稿した心温まるエピソード。

ある日、生後6ヶ月の子供と一緒にイオンのフードコートで食事をしていた時の事でした。

ぐずつく息子さんを宥めながらご飯を食べていましたが、次第に泣き出してしまった我が子を抱っこせざる得なくなってしまった毒リンゴさん。
うるさくしてはいけない。迷惑だと思われてしまう。

子供が泣きだすと、どうしても周囲の視線が気になってしまいますよね。

毒リンゴさんも例にもれず、半分ほど残っていた料理を断念し店を出ることを決意しました。

しかし焦って動こうとした瞬間、子供の手がスプーンにぶつかり盛大にご飯をこぼしてしまったのです。

あまりの出来事に泣きそうになってしまったとき、近くに座っていた見知らぬ女性が声をかけてきました。


「赤ちゃん人見知りする?」



39636_main1

毒リンゴさんに近づいてきたご婦人は、「赤ちゃん人見知りする?抱っこしていい?」と話しかけてきてくれたのです。

「人見知り…しないです」と返事をした瞬間に、こらえきれず大粒の涙を流してしまったという毒リンゴさん。

見知らぬ女性は息子さんを抱っこし、投稿者さんが食事をする時間を作ってくれました。

申し訳なさでいっぱいになり、残りの料理を急いで食べていた毒リンゴさんに「ゆっくり食べて~」と笑顔で言ってくれたご婦人。

無事に食べ終わりお礼をいう投稿者さんに対し、女性はこう答えました。
「頑張って育てているのねー!本当に可愛いわねー!

抱っこさせてくれてありがとう。迷惑なんかじゃないのよ」

泣き出してしまった毒リンゴさんにつられるように、その女性も涙目に・・・。

このご婦人の優しさ溢れる行動と気遣いに、心の底から救われたといいます。



投稿者さんは、あふれる涙のせいで満足にお礼を伝えることができなかったため、Twitterに一連の出来事と、女性への感謝の気持ちをつづりました。

心の温まるエピソードに、多くの人から称賛の声が寄せられています。













「私も子育てが落ち着いたら、あなたのような人になりたいです」のひと言で締めくくった毒リンゴさん。

この優しさが連鎖し子供にも、子育てに奮闘中のお母さん・お父さんにも安心して子育てができる社会になっていくといいですね。
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事