【ほっこり】3歳の息子が男子トイレに駆け込んでしまった・・・困った母親を救ったのは小学生のヒーローでした

46535_main1

男の子の育児はお母さんだけだと困る場合がいっぱいあります。

中でも困るのはトイレ。

やっと1人でトイレにできるようになった息子、でも公衆のトイレで1人にさせるのはまだまだ心配な年ごろです。

今回ご紹介するお母さんも、3歳の息子さんが1人で男子トイレに駆け込んでしまい困っていました。


子連れ中されて嬉しかったこと



46535_01

今回ご紹介するのは、Twitterユーザー・まよ(@megucolo464129)さんの投稿。

Twitterのハッシュタグ『#子連れ中されて嬉しかったこと』で投稿された心温まるエピソード。

3歳と0歳の男の子のままである投稿者さんは、ある日子供を連れて買い物をしていたました。

しかし途中で思わぬハプニングが発生します。

なんと、3歳の息子さんが男子トイレに駆け込んでしまったのです。

いくら子連れとはいえ、女性である投稿者さんは男子トイレの中に入ることはできません。

仕方なくトイレの外から呼びかけますが、一向に出てこない息子さん。

その時、投稿者さんにとっての救世主が現れたのです。


君のお母さんは女の子だから



youDSC_0057_TP_V-min

男子トイレに入ったまま出てこない息子。

投稿者さんが困り果てていた時、トイレから出てきたのは息子の手を引く小学生の男の子でした。

そして男の子は息子に、このように諭してくれました。
「君のお母さんは女の子だから、男の子トイレに入れなくて困るんだよ」

男の子の親切な行動に、とても心が温まったという投稿者さん。



男の子のしっかりとした行動に感心し、「もしかしたら弟や妹がいて面倒を見ているのかな?」と感じたそうです。

見知らぬ幼い子どもの面倒を見た上に、理由を述べてしっかりと注意する…大人でも、できる人は多くはありません。

この投稿に対し、ネットではたくさんのコメントが寄せられました。













「状況を見て判断して行動に移すのは大人でも難しいのに、本当にありがたい存在でした。」と語った投稿者さん。

一人ひとりが思いやりの心を持ち、助け合うことで、『子育てのしやすい社会』へ1歩ずつ近付けるのではないでしょうか。



※一緒に読まれている記事

【賞賛】息子の泣き声が響き渡ったイオン店内。そこで現れたおばあちゃんのひと言に涙が止まらない

【許せない】1歳の我が子をベビーシッターに預けたら・・・帰宅した両親を待ち受けていた信じられない光景

【怒り】オムツ交換台に息子を下ろしたら突然の大泣き、起き上がらせてみるとそこには目を疑う光景が
cat_ID; $cat_name = $cat->name; $posts = get_posts('numberposts=10&category='.$cat_id.''); global $post; ?>

」カテゴリの最新記事