【泣いた】当時中学生だった弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた。その心温まる理由に涙


当時中学生だった弟が、学校の帰りに床屋に寄って丸坊主になって帰ってきました。

その頭を見て兄は一体どうしたのだろうかと思い「失恋でもしたのか?」と尋ねてみました。

すると弟は丸坊主にした理由を兄に説明しはじめたのですが、その理由はなんとも意外なものでした。

子供たちの純粋な思いに涙が溢れます。

丸坊主になった弟

昔、当時中学生の弟が学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた。
失恋でもしたのかと聞いたら、小学校からの女の子の友達が今日から登校するようになったからだ、と。

彼女は今まで病気で入院しており、薬の副作用で髪の毛が全部抜けてしまったらしい。
「女が丸坊主じゃ恥ずかしいって言ってたし、だったら他にも丸坊主がいりゃいいかなと思って。
野球部の奴等は元々丸坊主だけど、野球部じゃない丸坊主がいた方がいい」と弟は言っていた。

翌日、丸坊主で登校した弟は帰宅するなり「同じ事考えた奴が一杯いた……」と。
なんでも優等生から茶髪問題児を含め、クラスの男子全員が丸坊主かそれに近い頭になっており、病気の子と仲が良い女の子達までベリーショート、一人は完全な丸坊主になってたらしい。

更に担任の先生(男性)まで丸坊主。
丸坊主だらけの教室で、病気の子は爆笑しながら「ありがとうありがとう」と泣いたという。

示し合わせたわけでもないのに、全員同じ事考える当時の弟のクラスに和んだ。
ちなみに病気の子は今も健在、弟は意外に丸坊主が気に入ったらしく、それからずっと丸坊主。

(本文まま)

中学生の優しい心遣いに心が温かくなりました。なんとも素敵なお話ですね。

女性にとって髪の毛は大切な体の一部です。

ましてやまだ中学生の女の子の髪がすべて無くなってしまうという事は、何にも代えがたい苦痛を伴うものだった事でしょう。

少女がたった1人で背負ってきた大きな悲しみを共に背負ってくれるクラスメイト。

子供たちの純粋な優しさに心温まる、素敵なエピソードでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*