父親から虐待を受けていた8歳の少女。死の直前にある会社に宛てて書いた手紙が胸に突き刺さる


アメリカでは、警察が介入する家庭内不和の39%がアルコール依存症によるものと言われています。

最愛の家族や我が子を苦しめ、ときに死に至らしめる。

アルコールはそれほどの中毒性をもって人をダメにします。

そして今回ご紹介するのはアルコール依存症の父親に日常的に虐待を受けていた8歳の少女。

”死”に至る直前、有名なウィスキーブランドへ宛てて1通の手紙を書いていました。

8歳の幼い少女が綴ったこの手紙には嘘偽りがなく、心にまっすぐと深く突き刺さります。

ジャックへ

この手紙のことはお父さんには内緒にしてね。怒り出すかもしれないから。

お母さんは誰のことも嫌ってはダメよと言うけれど、でも私はあなたのことはどうしても嫌いなの。

お願いがあるの。どうか私たちの生活から出ていって。

お父さんはあなたのせいで仕事を失った。

請求書を支払うために家を売らなければならなくなった。

仕事がないから私とお母さんの食べるものを買うお金がなかった。

お母さんは何回も食事を抜いてきたんだと思うわ。私が食べられるようにって。

自転車で転んだとき、すごくお父さんにいて欲しかった。

でもお父さんはあなたと一緒にいた。

あなたは、私の卒業式にお父さんを行かせてくれなかったわ。私の発表会にも。
 

私、すごく怒ったわ。お父さんがあなたと会ってから、お父さんはいつも深夜過ぎに帰ってくるようになった。

なんてことしてくれたの?

お父さんはお母さんを傷つけ始めた。

最初は言葉で。それからベルトで。

私たちは近所の人の家に隠れなければならなかった。

そうでもしなきゃ、次は私たちが殴られてしまうから。
 

私が大きくなるにつれ、そこら辺にお父さんが壊せるようなおもちゃが転がっていなくなると、お父さんは私のことをサンドバッグとして見るようになった。

あなたがお父さんになんて言ったのか、私にはわからない。

でもお父さんはすっかり変わってしまった。

あなたに伝えたいことは、お母さんは昔のお父さんを取り戻したいと思ってるということ。

お母さんが結婚した男性を。

どうかお父さんに近づかないで。私たちをもう一度幸せにさせて。どうかわかってください。

ローラより

(本文まま)

これは父親からの肉体的虐待により死に至る直前に、8歳の女の子が有名ウイスキーブランド宛てに書いた手紙です。

冷静に自分の見たまま、感じたままがストレートな表現で綴られています。

この8歳の女の子の放つまっすぐな言葉にハッとさせられた人も多いのではないでしょうか。

アルコールは本人だけでなく、周りの人生をも巻き込んでいきます。

アルコール依存症は病気です。

そして家庭内の暴力で悩んでいる方は、すぐにしかるべき機関に助けを求めてください。

結婚したことのある女性のうちおよそ「10人に1人」が、配偶者などからくり返し暴力をふるわれたり暴言を吐かれたりしたドメスティック・バイオレンス(DV)の経験がある、という調査結果もあります。

命の危険を感じたという人も少なくありません。

もしも暴力を受け、悩みを抱えているときは、一人で悩まず相談してください。

その相談が、ひいては子供の命を守る事にもつながるのです。

相談窓口↓

政府広報オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*