【驚愕】「うるさい!」白杖で点字を叩いた時に言われた一言、「点字を叩く意味を知って欲しい」


視覚障がいの方が使用する「白杖(はくじょう)」。

目の不自由な方は、この白杖で点字ブロックや段差を感知するだけでなく、周囲の人に自分の存在を知らせる為に地面をたたきながら歩行します。

この歩行方法は「タッチテクニック」と呼ばれており、意外と広く知られていません。

今回この「タッチテクニック」を知らなかったために、とても悲しい出来事が発生しました。

視覚障がいの人は勿論、全ての人に知っておいて欲しい事です。

白杖で音を出す理由 知って

「うるさいよ!」

8月のある日、埼玉県内のJR駅コンコースで、年配の男性が振り向きざま、白杖で点字ブロックをたたきながら歩く40代くらいの女性を怒鳴りつけた。

女性は体を震わせながら「すみません」と謝り、杖で点字ブロックをなでるようにして歩き出した。

障害者のリハビリ施設に勤める妻によれば

「視覚に障害を持つ人は周りに自分の存在を知ってもらうため、白杖で点字ブロックをたたいて音を出すようにしている」

とのことだ。

なるほど、そうすればスマホの画面に夢中の人も気づく可能性が高くなる。

だが、杖でたたいて歩く理由を知っている人はどれくらいいるだろう。

もっと理解してもらうように働きかけるのも大切ではないだろうか。

たとえば、白杖、点字ブロックの意味や杖で音を出す理由などを説明したポスターを張ったり、パンフレットを配ったりしてはどうか。

CMや新聞、雑誌で紹介してもらえば、周知の輪はなお広がるだろう。

それには費用がかかるので、政府・行政にも力添えをお願いしたい。

一日も早く、白杖を持つ人が気兼ねなく外出できる国になるよう切望する。

また、日本盲人会連合のホームページにはこのような事が記載されていました。

白杖を使用する意味

1.安全性の確保

2.情報の入手

3.視覚障害者としてのシンボル

上記3つの意味が白杖にはこめられています。

全て大切な事で、音を出して歩く、という行為は「自分の存在を知らせる」と同時にその「反響音で周囲の状況を確認」するという目的もあります。

最近は歩きスマホや余所見をしながら歩く人が増えて来ている事も問題になっています。

そういった人達に気づいてもらうためにも「あえて大きく音を出す」という事もしているようです。

本来であれば健常者が道を歩くときに気をつけなければなりません。

しかし、昨今の人達はそれを怠っているたがめに、盲目ひいては障碍を持つ人達が工夫をしなくてはならないのです。

その工夫すらも「うるさい」と言われてしまえば一体どうすればいいのでしょうか。

その為、こうした「意味」を全ての人達に知ってもらいたい、知るべきだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*