【奇跡】心拍停止の状態で生まれた赤ちゃん。4日間”冷却”され奇跡的に回復を果たす


ベックスさんとマーティンさんの間に誕生した可愛らしい女の子、ウィロウちゃん。

お腹の中にいる間は至って元気な胎児でしたが、ベックスさんの陣痛が始まると事態が一転します。

これから生まれ来る赤ちゃんの心拍が突如低下し、帝王切開を余儀なくされました。

そして生まれてきたウィロウちゃんは、完全に心拍が停止した状態で誕生したのです。

8分間の心臓停止

ウィロウちゃんが誕生すると、すぐに心肺蘇生の処置が施されました。

「赤ちゃんの声が聞こえない。

何が起こったの?なんで泣いてないの?」

医師たちが懸命に手を尽くす中、出産を終えたばかりのベックスさんはパニック状態に陥ってしまいます。

必死の処置のおかげで、ウィロウちゃんの心臓は8分後に再び活動を始めました。

しかしおよそ8分もの間血流が停止していたため、脳に後遺症が残る可能性が懸念されたのです。

保育器に入れられ集中治療室に搬送されたウィロウちゃん。

専門チームが招集され「冷却療法」と呼ばれる処置が行われることになりました。

ウィロウちゃんは、冷却スーツに包まれ37度あった体温を33度まで下げる機器の中に入れられました。

これは8分間の無呼吸による脳の後遺症を防ぐための最新の医療処置です。

「冷却療法」が開始されたウィロウちゃん

ウィロウちゃんが低体温の状態でいた3日間、娘を抱くことはできません。

触れることができたのは、ウィロウちゃんの小さな手だけでした。

そして冷却機器にいれられてから4日目、ウィロウちゃんの体温は徐々にあげられていきました。

全身を冷却したおかげで、奇跡的にも脳の後遺症はのこりませんでした。

母のベックスさんはこのように語ります。

娘は最初の4週間まったく泣きませんでした。

喉にたくさんのチューブが入れられていたので、泣く方法も分からなかったのでしょう。

しかし、今ではたくさん泣きます。」

現在、15ヶ月になったウィロウちゃんはとっても元気で、ベックスとマーティンはこれ以上ないほど幸せだといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*