【感動】大切なペンダントを売りに訪れた貧しい女性に店員さんは・・・。驚くべき行動にただただ涙




アメリカのテキサス州にある宝石店で心温まる出来事が起きました。

ある日宝石店を訪れた一組の親子。

母親は目に涙を浮かべながら、手に持ったペンダントを売りたいと申し出ました。

その様子にただならぬ事情を察した店員さんは、驚くべき行動を起こしたのです。

母からのプレゼント

アメリカのテキサス州にある宝石店を訪れた一組の親子。

「このペンダントを売りたいのですが…。」

母親はペンダントを手に、男性店員へこう切り出します。

「どうしてこのペンダントを売りたいのですか?」

ペンダントを受け取った男性店員は何か思うところがあり、こう女性に尋ねました。

すると女性客はこんなふうに答えたのです。

「お金がないんです。そして来月まで給料も入ってこないので…。」

女性は生活するためのお金を作るために、宝石店にペンダントを売りに訪れたのです。

男性店員は再度「お金が必要という理由だけなのか」と尋ねると、女性からとても悲しい事実を知らされます。

「実は…そのペンダントは母からのプレゼントなんです。

でも私はお金が必要なんです。そのためにはこうするしかないんです。」

女性の悲しそうな表情に、思わずいくら必要なのかと尋ねる男性店員。

来月までお給料も入らず生活に困っていると答える女性に対し、驚きの行動に出たのです。

男性店員の驚きの行動

女性の事情に思うところがあったのでしょか。

男性店員は自身のポケットから出したお金を女性に渡し、ペンダントも返却したのです。

「これはお母さまからのプレゼントなんですよね。さあ、受け取ってください。」

男性店員の行動に驚いた女性は、涙を流しながら感謝のハグをします。

何か困ったことがあれば連絡するようにと、自分の電話番号まで渡してくれた男性店員。

最後にこう一言。

「ほかの店で(ペンダントを)売ろうとしないでくださいね。

そんなことしたら僕が見つけ出して買い戻しますからね。」

この監視カメラの映像がインターネットで広まり、ノアさんという名前のこの男性店員は地元テレビ局のインタビューを受けることとなりました。

ノアさんの思い


「あの時、女性は目に涙を浮かべてとても悲しそうに見えました。

彼女に必要なお金がいくらかを聞いた後、私は考える必要もなく、ポケットからお金を出して渡していました。

宗教や出身地は関係ありません。これは私たちの人間性なんです。

そして誰もがそうするべきなんです。」

インタビューアーに対しこのように語ったノアさん。

実はノアさんは2年前に家族とともにシリアから逃れてきた難民だったのです。

そのため経済的に困難な状況にある女性の気持ちが痛いほどわかるのだそう。

戦争のために祖国を離れなくてはならなかった自分たちを受け入れてくれたアメリカで、 困っている人を救ったノアさん。

このような親切の連鎖が続いていけば、世界はもっと愛にあふれた場所になっていくのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*