食べ物を求め15キロもの道のりを歩き続けた少女、彼女の自宅には恐るべき光景が広がっていました


東ヨーロッパに位置するベラルーシという国で起きた悲しい事件。

高速道路の路肩を歩いているところを保護されたのは、まだ4歳くらいの幼い少女でした。

服や顔は汚れ、髪の毛もボサボサの少女。

彼女が語ったのは、とても信じられないような恐ろしい出来事だったのです。

保護された少女

ベラルーシに暮らすイヴァン・ラズモフさんは、仕事の帰りにとても奇妙な光景を目にします。

いつも通り高速道路を走行している最中、路肩に小さな女の子が犬を連れて歩いているのを目撃したのです。

そこは決して人が歩くような場所ではなく、それが子供ならなおさらです。

あまりにも異様で恐怖すら感じたというイヴァンさんは、車を止めて少女が何をしているのかを確認することにしました。

まだ4歳くらいであろう少女の顔や服は汚れ、髪の毛はボサボサ、サンダルもボロボロな状態でただ怯えていたといいます。

とても子供とは思えないようなその目つきで、イヴァンさんの事をじっと見つめていました。

彼が名前を尋ねると、まるで犬のような声でうなり始める少女。

しかしすぐに落ち着きを取り戻し「ゼニャ…フェドロヴィッチ…ヴラディミロヴナ」と小さな声で答えました。

さらに彼女の話を聞いていくうちに、イヴァンさんはゼニャが15キロもの道のりを一人で歩いてきたことを知ったのです。

少女が歩き続けた理由

彼女がたった1人で15キロもの道のりを歩き続けた理由を聞き、イヴァンさんは胸を痛めます。

ゼニャは両親が家で酔っ払っていること、家に食べ物がなくアイスクリーム欲しさに次の町まで歩いていたことを教えてくれました。

「とても長い間走っていたの…足が痛い…手も…転んじゃったから」

そう言うとゼニャはイヴァンさんに骨折した手を見せました。

その状況があまりに酷かったので、イヴァンさんまず彼女に水を飲ませてから福祉の団体に電話をかけ、彼女を病院に連れて行きました。

連絡を受けた福祉団体は、両親と話をするためゼニャの自宅を訪れ、その状態とあまりの酷さにショックを受けたといいます。

家には何も家具が無く、母は床に、父はテーブルの上で寝ていました。2人とも泥酔しており、見知らぬ人が自分の家にいても全く気づく様子ではありませんでした。

「待っていたよ」

病院に運ばれたゼニャは日を追うごとに順調に回復していき、数日後には本来の明るさを取り戻しました。

彼女を病院に連れて行ったイヴァンさんも、ゼニャのお見舞いのため病院へ通います。

そしてある日、ゼニャに「待っていたよ」と言われたとき、彼はゼニャを養子に迎えることを決心します。

この時すでに、ゼニャは両親の元へ戻されないことが決定していたのです。

「用意はできています。後は彼女の両親と話しをするのみです」

もしあの時イヴァンさんは車を止めて居なかったら、この幼い命はどうなっていたのでしょう。

そして彼女が15キロもの道のりを歩く中ですれ違ったであろう多くの車が、1台も止まらなかったことに大きなショックを受けます。

しかしながらこうして運命的な出会いを果たした一組の親子。

これからの2人の新しい生活にたくさんの幸せが訪れますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*