「子供がうるさい」という住民からの苦情、それに対して管理人が配布した「意見書」が胸に刺さる


住宅街やマンション等、沢山の人が集まる場所で必ずといっていいほど問題になるのが「子供の声」です。

住宅街でも勿論気になりますが、特に気になるのがマンション。

子供がいる世帯に隣接する世帯であれば、ダイレクトに響きますので結構辛いもの。

子供が泣くのは当然の事。そうはわかっていても、毎日毎日うるさくされ悩んでしまう人が沢山いるのも事実です。

そしてこういった問題は日本全国どこでもあります。

そんな中、とある大型のマンションで管理人に寄せられた苦情のお話を今回はご紹介させていただきます。

管理人の元に届いた苦情

マンションの管理人の元に、3世帯から苦情が寄せられていました。

その苦情の内容が

「隣の家からの泣き声がうるさくて夜も眠れないのでなんとかしてほしい。」

「夜中に大きな泣き声が聞こえてきて、こんな所には住めない。」

「子どもの声がうるさすぎる。騒音だ。」

といったもの。

管理人に苦情を言ってくる、また内容を見ても皆さん相当悩まされていたのでしょう。

強めの口調で書かれていることからその苦悩が垣間見れます。

そしてこの苦情に対する行動というものは限られています。

・子供の居る家庭を注意する
・我慢してもらう
・物理的な対策をとる

しかし、「子供の居る家庭を注意」しても相手は子供です、泣くのが仕事ですからどうしようもありません。

「我慢してもらう」だと根本的な解決になりませんし、住人同士でケンカする事になってしまいます。

その為取れる行動は「物理的な対策を取る」ことです。

管理人も悩んだ末、物理的な対策を取る事を決意したのです。

それは防音シートを導入する事・・・。

しかし、管理人はただ導入するだけではありませんでした。

意見書として、今回の経緯、自分の意見をマンション全員に配布したのです。

その内容に大人として、人間として考えさせられます。

管理人からの意見書


管理人の○○です。△△△号のお子様の泣き声等に関わる騒音のご意見、拝読しました。

この度、管理会社に稟議を通し、特別予算として、子供の泣き声に対しての防音措置を取るべく防音シートの購入予算を確保いたしました。

(中略)

取り急ぎ、△△△号の部屋に防音シートを施工することが決まっており、これによりかなりの防音効果が見込めると考えております。

またご希望者には△△△号に隣接している部屋に対しての防音シートの施工を行いますので、ご希望の場合は管理人室までお申し付けください。

ただ、一点、管理人の○○から、個人的な考えをお伝えさせていただきたいと思います。

私たちには皆、幼少期がありました。

個人差はあれども、私たちは記憶にない時間の中で、幾多の癇癪を起こし、部屋を汚し、お漏らしをし、他人に迷惑を掛け、そうして今の時まで成長することができました。

それができたのは、記憶にもない時期の、迷惑極まりない赤ん坊行為を数多くの人々が受け入れ、許容し、それでも愛してくれたからではないかと考えております。

(中略)

今回、△△△号のお子様の泣き声等について、相当のストレスを抱えていることと存じます。

ただし、それは、私たち大人が記憶にない幼少期にやったことと、全く同じことなのです。

その時、親は、近所の人は、町の人々は、どのようにあなたのことを見ていたでしょうか。

迷惑と責め立て、騒音と扱い、排除しようとしていたでしょうか。

(中略)

この度、生活に支障をきたしているということを理解した上で、特別措置を行いました。

ただそれでも尚、私たち大人のあるべき姿として、赤ん坊の行為を排除する様な態度・言動を行うのは控えた方がいいのではないでしょうか。

彼ら・彼女らは、まだ記憶もない赤ん坊です。

泣くのが仕事です。

迷惑をかけながらも成長するのが仕事なのです。

どうか、マンション内や近隣の場所で△△△号の家族や子供に会った時は、温かく受け入れる様、お願い申し上げます。

この管理人からのメッセージ、意見書を見た後、苦情は一切来なくなり、防音シートの施工依頼すらなかったといいます。

今回苦情を言ってきた住民達に管理人の気持ちが伝わったのでしょう。

自分の子供の頃、記憶はないけど間違いなく周りの皆に迷惑をかけ、助けられて今まで育ってきた事を考えたのだと思います。

子供の声というのは私達に元気をくれます。

しかしそれは時として自身の平穏を脅かす声にもなるのです。

かつては自分もそうだった、子供はそういうものだ、泣くのが仕事だ、泣いて当たり前。

頭では分かっていても、実際夜中に家の周りから子供の泣き声がしてきたらイライラしてしまいます。

絶対に我慢しろ!という訳では有りません。

しかし、自分も通ってきた道であり、これから生まれてくる自分の子供も通る道です。

世の中の子供、生きている人は皆通る道という事を胸にしまっておきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*