【仰天】ATMには長蛇の列、最前のおばさんにイライラした若者が放った一言が思わぬ事態に!


CA330261


今回ご紹介するのは、少し田舎で起こった驚きのエピソード。

その地域にはATMが1つしかなく、それだけでも若干の不便さを感じますが人口の少ない町で、それほど普段から不自由はなかったそうです。

しかしある日、1人のおばさんが10分以上にも渡ってATMを占拠し、その後ろには5人以上の列が出来て居ました。

何をモタモタしてるのかとついにイライラがピークに達した若者がおばさんに向かって「後ろ並んでるんだから早くしてください!」と一言。

そうするとおばさんの口から出てきた一言は・・・。

お金を振り込む理由は・・・

そうするとおばさんの口から出てきた一言は「息子がお金を貸してほしい」と言って来ているとのこと。

おばさんはそのまま、慣れない手つきでATMに向かおうとしますが、後方に居たサラリーマンらしきスーツの男性が一言。

「あの、それって・・・本当に息子さんですか?」

最初は何を言っているのかわからなかった周りの人たちもその後すぐに「あっ・・・」と気がつきました。

全くATMを操作したこともないおばさんに対して、本当の息子さんが無理くりにでもお金を振り込んでくれとお願いをするでしょうか?

そのサラリーマンに続き、最初に文句を言った若者も「今振込詐欺とか流行っているので、一度息子さんに確認したほうがいいですよ」と言い放ちました。

最初はためらって居たおばさんも、周囲のその声に念のためにと思ってくれたのか携帯電話を取り出して息子さんに電話。

するとすぐに繋がったのか、おばさんは「え?違うの?頼んでない?」と驚きながら声を発したのです。

未然に防がれた事件

結局、息子さんは本当にお金を貸してほしいなどの相談はしておらず、今回のは本当に詐欺だったの事。

その後「ありがとうございました」と何度も頭を下げたおばさんはそのまま警察に行くと言ってATMを去って行ったそうです。

最初はみんなイライラしていた空気でしたが、詐欺を未然に防ぐ事を出来たことから自然と笑顔になっていました。

若者のおばさんに対する最初の言葉は少し言い方がキツく、ひょっとすると別のトラブルに発展していた可能性も否めません。

しかし今回は若者のひと言が、一つの事件を未然に防ぐことにつながったのです。

いまや詐欺の手口も巧妙化してきており、その被害に遭ってしまう方も決して少なくありません。

今回のように不自然な場面に出くわしたときのちょっとした気配りが大切なのだと思わされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*